14 4月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈土屋敦 いもいも副主宰〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年4月14日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇  土屋敦 いもいも副主宰

(自分で家を建てた経験もあると伺いました。)

はい。そうですね。
在来工法なんですが、
新潟県の佐渡島に建てました。

柱や屋根は大工さんと一緒にやっているので、
ゼロからではないですが、いい経験でした。

家を自分で造ったことが
人生最大の学びだったかもしれないと思っていて、
結構、考え方が変わりました。

(設計図から描いて?)

はい。描きました。

それで役所に行って。
とてもいやがられました(笑)。

プロじゃない施主本人が
建築確認申請を持って役所に来るのは、
あまり歓迎されませんね(笑)。

家造りはまさに試行錯誤でした。

たとえば長い天井を
一人でこの場所にはめるには
どうしたらいいだろうということを考えて、

考えながら寝て夢の中で
解決策が出てきたりとか。

上手くいかないとまた考えて、
それをやってみてまた考えて、
をひたすら繰り返していました。

家は適当にはできないんです。

失敗する時もあるのですが、
その時にその一つ前の段階から
やり直すのでは上手くいかない。

もう一度最初から、
ゼロからやらないと。

それは論理と一緒で、
この土台の論理が抜けていたら、
絶対上手くいかない。

それまでの人生で僕は、
適当に上っ面だけやって生きてきたけど、
それが家造りでは通用しない。

最初の「反り」を「まあいいか」
とやっていたら、それが最終的に
大きな誤差になる。

木も柱も一本、一本、
微妙にねじれている。

そのねじれに合わせて
材を組み入れていかないといけない。

ですから家造りで
いろいろなことを学びました。

*  *

子どもたちの「生き生き」や「輝き」を広めたいと
栄光学園の数学講師・井本陽久さん(前号掲載)が
始めたのが「いもいも教室」。

そのプログラムの一つが、平日の昼間に
開催されている「森の教室」です。

この教室を担当する講師の土屋敦さんは、
井本さんと栄光学園時代の同級生で、
書評家や料理研究家としても活躍してこられました。

森の教室への思いや、
料理研究家としてのご自身の活動などを
インタビューさせていただきました。

<ロングインタビュー>
やりたいことを、やる!
森の教室が引き出す子どもたちのエネルギー

【207】 2021冬
https://www.dou-shuppan.com/dou207-lp/

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

12 4月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈宇城憲治語録集〈二〉 『稽古照今』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年4月12日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の本より ―
◇  宇城憲治語録集〈二〉 『稽古照今』

◎ すべてと調和する

バケツの中の水をかきまわす。
外側は非常に速い流れとなるが、
中心は止まっている。

やがて流れは中心に吸い込まれていく。
大宇宙というマクロのブラックホールの仕組み。

小宇宙のミクロの時空における組手も同じ。
相手をいかに包み込み制するか。

それには、すべてと調和すること。
そうすれば相手と自分を一つにすることができる。

それが間を制するということです。
「自分さえ」では一つになれません。

中心をつくることも、ずらすことも、
消すこともできません。

(一、無意識の心 より)

☆ 発売しました ☆
宇城憲治語録集〈二〉 『稽古照今 ― 古を稽え、今に照らす ― 』
https://www.dou-shuppan.com/books/keiko/

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

09 4月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈安藤誠著 『日常の奇跡』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年4月9日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の本より ―
◇  安藤誠著 『日常の奇跡』

◎ クマの気を読む

宮本武蔵などの昔の剣術家も
きっとそうだったと思いますが、
相手と向き合っただけで
どちらが強いかがすぐに分かる。

すなわちそういった武道の
「戦わずして勝つ」という感覚は、
ガイドにおいてもとても大事だと思います。

私はかなりの至近距離で
クマの写真を撮っていますが、
そういう感覚がなければおそらく
クマに襲われていると思います。

撮る時は、6メートルくらいまで近づきます。
1メートル50センチくらいまで
近づくこともあります。

大人のクマと
それぐらいの距離で接している時に、
クマの「気」が読めなかったら
即死だと思います。

彼らの毛の立ち具合とか、目の開き方
―― 伏し目で見ているのか、
ちゃんと開いて見ているのかなど、
いろいろな情報をチェックしてから、撮影を始めます。

ネイチャーの世界ではそういう感覚の
大切さをはっきり教えてくれるのです。

この写真(110ページ)は兄妹クマが
偶然久しぶりに再会したところに
居合わせた時のものです。

2頭は嬉しくてでんぐり返しをして
はしゃいでいました。

一緒にマスを獲ったり、相撲をして転がったり、
前足で石をドリブルしたり。

もう見ていて泣きそうになりました。

こんな素晴らしい風景を、
絶対に未来に残さなければと思いました。

(写真と私 より)

安藤誠著 『日常の奇跡』
https://www.dou-shuppan.com/books/ando01/

☆ 4月15日早朝まで ☆ 安藤誠さんのラジオインタビュー
NHKラジオ深夜便「明日へのことば」に
安藤さんが出演されました。
「聴きのがしサービス」で聴くことができます。
https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0324_03_3188792

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

08 4月

安藤誠さんがラジオ出演されました

季刊『道』に連載いただき、『日常の奇跡』著者の安藤誠さんが、本日早朝NHKラジオ深夜便「明日へのことば」にご出演されました。

2021年4月15日早朝まで、「聴き逃しサービス」でいつでもお聴きいただけます。
https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0324_03_3188792

ご著書に盛り込まれたエピソードも安藤さんの語りで、改めてワクワクと聴くことができます!
もちろん新たなエピソードもあり、安藤さんの今の思いや決意を知ることができる素敵なインタビューです。

安藤誠

11月3日(水祝)には、東京都町田市で安藤さんの講演会を開催予定です。
詳細公開はもう少し先になりますが、ぜひお越しください!

安藤誠著『日常の奇跡』
安藤誠連載 季刊『道』

 

06 4月

「動く船を作ってください」 元神風特攻隊員 浜園重義氏の願い

季刊『道』と誌名変更したばかりの2005年、元神風特攻隊員の浜園重義氏に対談取材をしました。
その時のことが今でも強烈に印象に残っています。

今日、出撃という日の朝、お兄様が一晩かけてたずねてきて、実家のお母様がつくったお団子を届けてくださったそうです。「いらない」という浜園さんにお兄様は、「せっかくお袋がつくったから一口ぐらい食べろ」と。浜園さんが切って食べようとすると、そのお団子にお母さまの指紋がくっくりついている。それを見た浜園さんは、それまで泣いたことなかったけれども、初めて男泣きに泣いたと話されていました。

そのお母様はお母様で、浜園さんの出撃の朝、雨だったそうですが、お庭にござも敷かずに土下座して、お線香を立てて、5時、6時、7時、いや10時になってもそこから動かず、縁側にあげようとしても決してあがろうとせず、そこにずっと雨に打たれながら座り続けていたそうです。

お母様とのお話に涙が止まらず、銃弾をあびて身体に17発もの破片を残しながらも生還した浜園さんの、戦争そのものの壮絶な体験に言葉を失いました。
取材は宇城憲治先生との対談という形でお話を伺わせていただいたのですが、その宇城先生に、浜園さんは、最後にお願いがあると言って次の話をされました。

「動く船を作ってください。動く船。中学生にしろ、高校生にしろ、動かない船を作っても、舵のとりようがない。舵をとるのは、親であり先生であり皆さんである。みな動かない船をつないでいるからにっちもさっちもいかなくなる。舵の効く船を作ってください」と。

エネルギーさえあれば、リーダー、トップの力量次第で、舵を効かせ前に進ませることができるのだと。

人間のエネルギーを、本来の力を引き出す。

そのことは今も『道』の根幹として、大切にしています。

浜園さんのお話は、宇城憲治先生の対談集『大河にコップ一杯の水 第一集』に収録しています。
https://www.dou-shuppan.com/u_taiga/

06 4月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈【対談】美内すずえ 漫画家  宇城憲治 UK実践塾代表』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年4月6日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇ 【対談】美内すずえ 漫画家
◆      宇城憲治 UK実践塾代表

【宇城】
私は長年、技術者として
色々な商品開発をしてきました。

そこで大事なことは、その商品の機能や
品質についての具体的な裏付け、
つまり目に見える形の試験やデータなどの
エビデンスなんですね。それと理論です。

音楽や絵画は感性が主体になりますが、
人間の可能性を引き出す「気」は
目に見えないだけに、そのパワーやエネルギーを
問題視する人が多いんですね。

そこで気による変化を目に見える形にする、
すなわち「実証性、再現性、普遍性」という、
何度やっても、誰がやっても、いつやっても同じ
ということを示しています。

その事によってより理解ができ、
かつそれを体験した人が、今の常識から
脱却する可能性につながっていきます。

たとえば、この映像は私が
人の輪の真ん中に立っているだけなのですが、
気を発すると周りにいる人たちが
ばーっと渦のように回り出していますね。

その中心から私が離れると、
渦が急に暴れ出す。
つまり中心がないと崩れる。

それは太陽も同じで、太陽があるから
地球も月も我々も救われていますよね。

【美内】
渦には目に見えない“中心”がある。
それを体現してみせるわけですね。

【宇城】
円の中心に私がいて、気を発すると
周りの時空に変化が起き、
勝手にぐるぐる回り出す。
その動きがまさに波動なんですね。

私がパッと自分を消すと、つまり中心が消えると、
回っていた動きがぐあーっと暴れ出して、
円の外に弾き飛ばされるようになる。

それを第三者が止めようとすると、
かえって強いパワーになって
巻き込まれていくのです。

そういうエネルギーは、
今の常識にある筋トレなどの力とは
全く次元の異なるものです。

【美内】
すごいですね。
先生自体が“聖地”なんじゃないですか(笑)。
昔、日本の聖地霊地を5千ヵ所あまり回ったのですが、
面白いのは、聖地によっては手を合わせるだけで
体が回転し始めるのです。

ということは大地の底からそういう
回転する螺旋のエネルギーが
出ているということですよね。

宇城先生の場合は、先生の中心に
そのエネルギーがおありに
なるのでしょうね。・・・・

*  *

16歳の時に高校生漫画家としてデビューしたという
美内すずえさん。

幼い頃から不思議な体験を重ね、
17歳の時に啓示的な夢を見て、人の心や精神を動かす
目に見えない大切なものの存在を確信。

人類は宇宙や自然界ともっと調和して生きるべきという
メッセージを伝えたいと、1986年から
『アマテラス』を描く決心をしたと言います。

目に見えない「気」のエネルギーの存在を、
人間の潜在能力の開発という形で実証し、
対立から調和の世界への移行を展開している
宇城氏と、話題は尽きません。

<巻頭対談>
目に見えないエネルギーが問う
私たちが進むべき未来

【207】 2021冬
https://www.dou-shuppan.com/dou207-lp/

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

05 4月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈宇城憲治語録集〈二〉 『稽古照今』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年4月5日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の本より ―
◇  宇城憲治語録集〈二〉 『稽古照今』

◎ 未来は「今」の中にある

多くの人が現状打破を願い
未来を変えたいと願います。

しかし未来は、「今」が変わらないと
変わることはありません。

未来はまさに「今」という
瞬間にあるのです。

そのことに気づくことができれば、
今に集中でき、迷いがなくなり、
未来に光がさすのです。

(二、時間 より)

☆ 発売しました ☆
宇城憲治語録集〈二〉 『稽古照今 ― 古を稽え、今に照らす ― 』
https://www.dou-shuppan.com/books/ando01/

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

02 4月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈前島由美著 『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年4月2日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の本より ―
◇  前島由美著 『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』

◎ ゆめの森で子どもたちに一番つけたい力は何ですか?

子どもたちには人生を豊かに生きてもらいたいので、
人を助けたり人に助けられたり、人と支え合う力を
持ってほしいと思っています。

いつも子どもたちに言うのですが、
「力で人に勝ったり、
理屈で人を言い負かしたりするのが
『強さ』ではないよ。

本当の強さというのは、
人が辛く思っていることを自分のことのように感じたり、
相手の立場を思いやって、自分だったらどうして
いただろうと考えられる、その優しさこそが
本当の強さなんだよ」ということです。

本当に優しい人はぶれないし、
それが強さになる。
だから「優しい人が本当は強いんだよ」
と言っています。

優しい子はいるのですが、
それが、自分に軸がない優しさ、もろさにつながる
優しさになっていることがある。

もろい優しさ、強い優しさの違いは、
子どもたちの中に自信があるかないかです。

だから子どもたちに自信をつけてあげたい。

人と比べて得る自信ではなくて、
自分には「これがある」というものを持つ。

それがあると、子どもは必ず
人を認めることができるのです。

自分にはこれがある、というものを
何か一つでいいのです。

たった一つ、自信につながるものがあればいい。
だからいつも「この子にとって、それは何かな」
と探しているのです。

そういう本当の強さと優しさを身につけられれば、
どんなことがあっても、いろいろな人と力を合わせ、
支え合って生きていくことができる。

そういう助けたり助けられたりしながら
生きる人生が、人として最高に豊かな人生であり、
子どもたちに歩んでほしい人生というふうに思っています。

強い優しさ。

それは裏をかえせば、自己肯定感です。
「自分には足りないところもあるけれど、これでいいんだ」
と丸ごとの自分を受け入れられる、
そんな力を育ててあげたいと思っています。

(第3章 ゆめの森こども園の取り組み より)

前島由美著 『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』
https://www.dou-shuppan.com/books/yumemori-book/

☆ 前島由美さんが新しい取り組みをはじめました!

今、さまざまな理由で学校に行かれない子どもたちのために
本来の学びができるフリースクールが始まります。
スタートのための寄付を募っています。
詳しくは前島さんのFacebookで。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011921778848

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================