24 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈真弓定夫 小児科医〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月24日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 季刊『道』より―
◇  真弓定夫 小児科医

「ヒト」というのは
特殊な哺乳動物じゃないんですね。

他の哺乳動物はどうしているのか
ということをしっかり勉強する。

それは医学とか栄養学の勉強ではないですよ。
生物学の勉強をしっかりしてから
育児をすればいいんです。

「5・5・25」といって
大事なものを順番に並べ表わしています。

一番下の25が食べ物のこと。
平均的にですが人間は25日間
食べ物を口にしないと餓死してしまう。

そして真ん中の5は水のことです。
水を5日間飲まないと死んでしまう。

そして一番上の5は空気です。
5分以上空気を吸わないと死んでしまう。
ですから一番大事なのは空気でしょ。

終戦前までは子供たちは外で
みな群れをなして遊んでいました。

そういう空気と、今の子供たちの
子供部屋の空気、これがいかに
違ってきているかということなんです。

ですから、どんどん寿命が短くなっているのは、
当たり前の話なんですね。

初診で来る人たちは、自分たちが
どんなひどい食べ物を食べているのか、
どんなひどい水を飲んでいるのか、
一番問題なのはどんな間違った空気を
吸っているのかということをみんな知らない。

そういう人はほとんどが
病院で生まれています。

病院だと、だいたい鉄筋の閉めきった
部屋の中での出産でしょう。

そして新生児は空調をしている
新生児室で育つ。

昔は、家族全体で妊婦さんを大事にした。
木造家屋だったので、空調もしていない。
それが病院出産になってガタガタになった。

いかにひどい空気を吸わされているか。
自宅に戻ってからも間違った環境で育っているから、
これだけ病気が増えるのは当たり前の話なんです。

本来は人間は外で裸でいればいいのです。
なぜなら野生の動物は外で裸です。

しかし人間は間違った生活をして
体毛が抜けているので、今は裸は無理だから、
せめて限りなく野生の動物の裸に近いように
薄着をすることが大事なんです。

空気を吸うにしても、外の空気に
近い空気を吸うこと。

外から帰って手を洗うなんてことも
必要ないんです。

ばい菌と一緒に生活をしていないから、
人間がこんなにも弱くなってしまったのですから。
ばい菌は味方なんですからね。

こういうことをずっと子供たちに
伝えていかなければ駄目なんです。

それには、一人ひとりの意識が
しっかり変わっていくことと、
色々なマスコミ報道に洗脳されないような子供、
孫に育てていくことが大切です。

そして自分の子供だけでなく、
自分の周囲の、友達のお子さんがどうか、
ということまで注意を払って
いかなければならないのです。

昭和20年までの日本人のように、
一人ひとりがしっかりやっていれば、
病気が増えるわけがないんです。

*  *

医療が進歩すればするほど、
医療費が増えていく。

現在の医療費は、60年前に比べ
170倍となっている。
人口は、1.5倍であるにもかかわらずだ。

そんな今の日本で、薬を出さず、注射も打たず、
昔ながらの自然な育児法を提唱してきた小児科医、
真弓定夫医師。

真弓医師が語る育児論は、戦後失った
「日本人としての当たり前の暮らし」のみならず、
日本人としての生き方、あり方、誇りを
自ら取り戻す道筋を示すものでした。

<ロングインタビュー>
元気な体と心を子供たちへ
ヒトとして当たり前に生きる

【187号】 2016冬
https://www.dou-shuppan.com/dou187-lp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

21 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月21日)

本書 紹介動画
https://youtu.be/BRvxOWwUMpg

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の電子書籍より ―
◇  16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』

昔はみんな人殺しのために術を使った。

それが平和な時代となり、
「術」をとなえるより「道」を説かなきゃいかん、
人物を創らねばいかんと、

武術から道に変わっていったんじゃないですか。

そう思います。

いちばん早い時期に「道」というふうにしたのは
弓だと思います。

徳川時代から「弓道」という言葉は出ていますから。
私は高校でも指導していますが、
今の高校の競技、大学の競技、
どうしても的中主義になっています。

阿波先生の教えで「一射絶命」という
言葉があります。

一本の矢に生命を懸けろということです。

「一射絶命」とあるけれども、
競技会に出て矢を二本持ってやる場合、
これは二本で一射絶命ということです。

一本引いたらあとはどうでもいいじゃない。
二本完成して一射絶命なんだと。

(大沢万治 弓道範士  「阿波研造範士の教え 正しきを求めて」)

*  *

季刊『道』で行なってきた、剣道、弓道、
なぎなたを代表する武道家16名へのインタビュー集。

武道修業がどのように自分を支え、
生きる指針となってきたか。

武道のあり方や、人としてのあり方など、
厳しい時代・修業を経てきた各界の大先輩方に
じっくりとお話しいただきました。

その生き様に、多くの読者はたくさんの勇気と
前に進むエネルギーを与えられることでしょう。

また、自らを律し社会に貢献する人材育成を目指す方は、
指導者としてリーダーとしてのあり方の多くのヒントを
見出すことでしょう。

本書は電子書籍です。
Kindle、Koboなど電子ブックストアで
購入いただけます。

詳細はこちらです。
https://www.dou-shuppan.com/ebook/bunomichi/

★ Kindle(amazon)で【紙本】も注文できるようになりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4910001158/
A5判 302ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”

トップページ


===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

17 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈宇城憲治対談集 『大河にコップ一杯の水』 石井みどり 現代舞踊家〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月17日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版より―
◇ 宇城憲治対談集 『大河にコップ一杯の水』
◆ 石井みどり 現代舞踊家

踊りはね、理屈じゃ踊れないの。

今の人は理屈でものを割り切って
頭で考えてやる。

そうではなくて、
いつも私は「無になれ」と言うのですが、

何にもないということは、どんな色にでも、
どんなふうにでも染まる。

そういうふうに無になれば、ぱっと見ただけで、
どのへんがどうなっていくか、
その流れと方向、その心構え、

それがみんなわかる。 ―――― 石井

「道」というのは、
深さを知ることだと思っているのです。

楽しいこと、悲しいこと、苦労、
人生の生き方ですよね。

大事にしなくてはと思います。―――― 宇城

*  *

◎ 石井みどり

現代舞踊家として戦前から活躍、
戦時中は戦地での慰問活動も行ない、
戦後は創作、公演活動を積極的に行なってきた。

とくに1965年から7年間に日本全国で行なった公演回数は、
1万回以上になる。

『大河にコップ一杯の水 第1集』
https://www.dou-shuppan.com/u_taiga/
「やり抜いてきた」8人と、武道家 宇城憲治との対談集

◆◇ どう出版のイベント
◇  安藤誠 講演会「日常の奇跡」

2021年11月3日(水祝)13:30~16:30(開場 13:10)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費:3,000円

※会場参加・オンライン参加をお選びいただけます。

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/211103_ando/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

15 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈【対談】天外伺朗 元ソニー上席常務  宇城憲治 UK実践塾代表〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月15日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇ 【対談】天外伺朗 元ソニー上席常務
◆      宇城憲治 UK実践塾代表

【天外】
中世の宗教時代から理性の時代、
サイエンスの時代になって、今度は
世の中全部が「サイエンス教」になっている。

「解き明かせないか」という思い、これ自体が、
サイエンス教に毒されているわけですよ。

だって解き明かせないのですから。
解き明かせないことを居心地悪く感じないこと、
解き明かせないけれども「不思議ですね」で
終わりというのが、その次の心境であるべきなのです。

【宇城】
「サイエンス教」よく分かります。

宗教が「神様」という言葉で
片付けるところがありますが、

科学にしても、分かっていることは5%で、
そのほかの95%は、ブラックマターとか
ブラックエネルギーということで、「分からない」
として片付けている。

そのくらい宇宙は神秘であるわけですよね。

【天外】
それ以前に、もうサイエンスの方法論では
手も足も出ない所を人類が
つかんできているということです。

ですから逆にサイエンスで何とかできるという
妄想を捨てないと正しい理解にならないのです。

そうでないと医学の世界みたいに
量子力学という言葉でもって
インチキマーケティングするような人が
たくさん出てきてしまう。

ですから、もうそれは科学では
解き明かせないけれども、
不思議なことが不思議ですねーで
終わりでいいのです(笑)。

【宇城】
その不思議を追究している自分ですが(笑)。

江戸時代の柳生石舟斎という剣の達人の話(小説)
ですが、その達人の手に小鳥が止まったまま
飛び立たなかったと。

飛び立つ時というのは、一度沈み込んでから
ジャンプをしますよね。

石舟斎がそれをうまい具合に調整しているから
鳥が飛び立てなかったと書いているのですが、
ある面これは科学的な説明ですね。

それに対してもうひとつの説があり、
「ただ居心地がいいから」
飛び立たなかったのだと。



*  *

42年間ソニーに勤務し、コンパクトディスクや
犬型ロボットAIBOなど画期的な製品の
開発者として知られる天外伺朗氏は、

ソニー在籍時から自身が体験した
「燃える集団」現象について、
心理学者チクセントミハイの「フロー理論」で
読み解き発信、著作も多数あります。

退職後はそれまでの瞑想、断食をはじめ、様々な
科学では説明がつかない実体験から、あらゆることが
融合する「無分別智」のあり方を提唱。

医療や教育分野での改革に携わるとともに、
経営者を対象とした「天外塾」で経営改革にも取り組んでいます。

現在は、インディアン長老として託された
「祈りの旅」の役割も務めるという天外氏に、
その幅広いご経験を語っていただきました。

<巻頭対談>
不思議なことは不思議なままで
科学を超えて叡智の世界へ

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

◆◇ どう出版のイベント
◇  安藤誠 講演会「日常の奇跡」

2021年11月3日(水祝)13:30~16:30(開場 13:10)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費:3,000円

※会場参加・オンライン参加をお選びいただけます。

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/211103_ando/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

10 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈鮎川沙代 不動産会社代表〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月10日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇ 鮎川沙代 不動産会社代表

「雇用を作ろう!」と上京した鮎川さん。
まずは住居を確保しようと飛び込んだ不動産屋で、

「知らない」というだけで
不当な扱いを受けてしまいます。

*  *

・・・しかもフリーレントキャンペーンで、
1ヵ月分の前家賃がいらないというので、
「じゃあ、それにします」と決めたのに、

契約日の前日に電話がかかってきて
「フリーレント1ヵ月ではなく、1日でした。
僕が立て替えたので、明日、現金を持ってきてください」と。

これもあとで調べたのですが、
彼が懐に入れていたのです。

でも当時の私は、すでに2ヵ月間も
ネットカフェで過ごしていたし、戦うよりも
「ああもう契約しちゃえ!」という気持ちだった。

そしてそこに住み、今度はバイトをして
当座の生活費を稼ぎながら、
「自分の主軸になる経営は何にしようか」
と考えたのです。

私が経営するとなったら、
ちゃんと稼がなきゃいけないけれど、

お金目的では自分は頑張らないから、
人のためになることをやって、結果
お金が稼げるというのが合っていると思ったのです。

そしてまず分かりやすくて大きい市場の
「衣食住」のどれかにしようと考え、
消去法で「住居」にしました。

自分の大変だった引越しのことを
思い出したからです。

私の場合、自分を弱者だとは
思っていませんでしたが、
無知ゆえに困ったわけですね。

私は田舎が九州なのですが、
進学なり就職なりで東京に出て来る人たちは、
きっと私と一緒で、ああいう不動産屋さんに
出会うのだろうなと思ったのです。

私は不動産仲介というのは、サービス業だと
思っているのですが、
絶対にリピーターができない
接客をしているなって思いました。

彼らは「最初の1回で最大限稼ぎたい。
2年後3年後に戻って来なくてもいい」
と思っているので、
そういうことをするのです。

でも人は、長くても5年10年、
短い人では1年か2年で引っ越すじゃないですか。

(そうですね。そうすると
「またあの人にお願いしよう」と思いますよね)

はい。
信頼があれば、そう思いますよね。

でも彼らは目先で稼ぐほうが得だと思っているから、
お客さんが2年後3年後に来てくれるという発想はない。

だから私はリピートされる不動産仲介を作れば
生き残れると思ったのです。・・・・

*  *

<ロングインタビュー>
絆を生む新しい不動産業に向かって
「人のために」が力になる

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

◆◇ 季刊『道』へ
◇ 感想をいただきました

鮎川沙代さんインタビューへの
感想です。
一部抜粋してご紹介いたします。

■不動産業界の仕組みを、そういうものだと
無批判に受け入れるのではなく、疑問を持ちながら
常にユーザーの視点に立って行動、実践していらしたことが
紙面から伝わってきました。

私はラッキーだったから「自分はラッキーだな」と思う人を
増やしていくお手伝いをしていきたい、という締めの言葉も
とても前向きで素敵です。

私自身もこれからどうやって人の役に立っていけるのか、
試行錯誤しながら自分の道を見つけていきたいです。
(東京 不動産業 30代 男性)

■ノビシロハウスの仕組みを読み、
「こんな発想があったのか・・」と感嘆しました。
高齢者の方達と、ソーシャルワーカーとの日常での関り、
そして月一のお茶会をしている画が頭に浮かび、
想像できました。

仕組みを考えることも大変ですが、実行に移すことは
相当なエネルギーを要すると思います。
実行に移し、実現させるエネルギーの根源は、
鮎川さんの「困っている人の為に、何かをやって喜ばれたら、
それが力になんるんです」という言葉にあるのですね。

分野は違えども、多くの読者が自分の道に活かすことができ、
元気をもらえるとても素敵なインタビューであると感じます。
(福岡 男性)

全文、この他の感想を
こちらでお読みいただけます。
https://www.dou-shuppan.com/kansou/dou209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

06 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈安藤誠 写真家・ネイチャーガイド〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月6日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇  安藤誠 写真家・ネイチャーガイド

ハシボソミズナギドリは
我々に真の苦難を乗り越えて
命を繋いでいく勇気を見せてくれる。

それは希望の光だと思う。

自然の営みの素晴らしさは、
日常の奇跡として、こんな鳥の世界にも存在し
尊く輝いている。

偉大なる旅をする彼らの存在と
命の躍動を感じてもらえたら嬉しい。



季刊『道』の裏表紙を飾ってくださる
安藤氏の連載。

今回の主人公は、
渡り鳥の中でもっとも長距離を移動する
ハシボソミズナギドリ。

海上を埋め尽くす鳥たちの命を
写真エッセイで感じてください。

<連載>
日常の奇跡
「ハシボソミズナギドリの偉大なる旅」

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

◆◇ どう出版のイベント
◇  安藤誠 講演会「日常の奇跡」

2021年11月3日(水祝)13:30~16:30(開場 13:10)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費:3,000円

※会場参加・オンライン参加をお選びいただけます。

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/211103_ando/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

03 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈工藤清敏 健康回復学研究所所長/一般財団法人 自然医学財団〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月3日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇  工藤清敏 健康回復学研究所所長/一般財団法人 自然医学財団

(野菜や果物にもミネラルはありますよね)

野菜と果物だけ食べていれば
元気になると考える人がいますが、
確かにそれなりに元気にはなるのですが、

野菜とか果物の成分はカリウムが一番多く、
陸上のミネラルには塩化ナトリウムが
ほとんどないのです。

陸上のミネラルはその生命によって
それぞれ何十種類ものミネラルがありますが、
実はパーフェクトではない。

ところが海水は塩化ナトリウムを中心とした
地球上のすべてのミネラルの複合体で、
パーフェクトなミネラル状態なんです。

人間は起源として海からきたので、
海から陸上にやってきた生命体は、
身体の中に「海」を持つことで生きられるのです。

その濃度が、塩化ナトリウム濃度
0・9パーセントなんです。

僕らの身体にはたくさんの細胞や菌がいて、
学問的には400兆くらいの生命体の
複合体なんです。

彼らが僕らの身体の中で
泳いで仕事をしている。

海は温度差が少ないのです。
海で生きるのと陸上で生きるのとでは
環境の厳しさに違いがあって、

陸上で生きる人間は温度差がマイナス何十度から
プラス40~50度の世界でも適応して生きられる
システムを作ったわけです。

体温は36・5~37度と他の動物より低いですが、
恒常性を保ちながら生きていける秘密は、
人間が海水を変換させて作った手づくりの塩です。

そういう塩に人間に欠かせない微量ミネラルが
一番残るのです。



私たちの身の回りにある生活習慣病や、
塩分制限が必要とされる病気においても、
ミネラルバランスがすぐれたいい塩であれば、
増塩することで、身体から老廃物を排除し免疫力を高め、
元気になっていきます。

工藤清敏さんは、長年にわたる塩の研究と実績を土台に、
自然治癒力の要が塩にあることを全国に伝え歩いています。

減塩の背景にあるもの、塩と人間の歴史、塩に対する
自らの信念などを語ってもらいました。

<ロングインタビュー>
自然治癒力を引き出す
塩の真実を伝えたい

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

01 9月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈【対談】天外伺朗 元ソニー上席常務 宇城憲治 UK実践塾代表〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年9月1日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇ 【対談】天外伺朗 元ソニー上席常務
◆      宇城憲治 UK実践塾代表

【宇城】
天外さんはSONY時代、世界最先端の技術者として
AIBOやCDをはじめいろいろなものを
開発された人ですが、

現在、その時期とは全く異なる世界、境地に
至られたというのはものすごく興味があるのですが。

【天外】
そういうのが全部分かってきたものだから
この「祈り」というのが分かってきたのです。

学問というものは限界がある。
学問の方法論そのものが
無分別智には行くことができないわけです。

ですから論理的に分析し解析してという
方法論そのものが分別知の方法論なので、
それを解明しようとは思わないほうがいい。

不思議なことは不思議だという事で、
「これは不思議ですねー」で止めておけばいい。

【宇城】
そうですね。
「不思議ですねー」で止めればいいのに、
止められない自分との戦いをやっていますが(笑)。

定量的なデータを採ろうと思うと
分別でしかないですものね。

【天外】
おまけに気そのものが測定できていないでしょう。
ですから何をやっても何を言っても無駄なのですよ。

【宇城】
そうなんです。
それで実際に「やってみせる」という形で
やっているわけですが。

【天外】
いろいろ不思議なことがありますよね。
でも科学で解き明かせるのはここまでですよと。

解き明かしたことが膨らんでいって
いろいろ分かってきた。

でもいろいろ分かってくるとその円周が広がりますね。
その円周は分からないこととの境界なわけです。

その分からないことがもっと増えるわけです。
つまり分かれば分かるほど、分からないことが増える。

それが学問では解き明かせないことに近づいています。
学問で解き明かせることには本当に限界がある。・・・・

*  *

42年間ソニーに勤務し、コンパクトディスクや
犬型ロボットAIBOなど画期的な製品の
開発者として知られる天外伺朗氏は、

ソニー在籍時から自身が体験した
「燃える集団」現象について、
心理学者チクセントミハイの「フロー理論」で
読み解き発信、著作も多数あります。

退職後はそれまでの瞑想、断食をはじめ、様々な
科学では説明がつかない実体験から、あらゆることが
融合する「無分別智」のあり方を提唱。

医療や教育分野での改革に携わるとともに、
経営者を対象とした「天外塾」で経営改革にも取り組んでいます。

現在は、インディアン長老として託された
「祈りの旅」の役割も務めるという天外氏に、
その幅広いご経験を語っていただきました。

<巻頭対談>
不思議なことは不思議なままで
科学を超えて叡智の世界へ

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

30 8月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈岩井喜代仁 茨城ダルク代表〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年8月30日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇ 岩井喜代仁 茨城ダルク代表

今回紹介するのは、川崎ダルクの
2代目施設長、岡崎重人です。

茨城ダルクと川崎ダルクは
会報やフォーラムを通じて交流をしてきました。

岡崎は若手ですから積極的に活動をしていて、
その中でいろいろと付き合いが生まれ、
一緒にやってきました。

私は川崎市のことを、ずっと
「すごいな」と思ってきました。

それは26年ほど前、
私が茨城ダルクを始めた頃に
川崎市で生活保護を受けている子を
預かったことがはじまりです。

中島というその子を
ダルクで預かることになった時、
川崎市の福祉局は、中島の面倒を
生活保護で徹底的に見てくれました。

すごく福祉に力を入れている
都市なんだなと思ったものです。

中島が茨城ダルクで私の右腕となった頃、
九州ダルクの施設長が薬物の再使用で潰れてしまい、
近藤恒夫さん(日本ダルク代表)から

「誰か九州をやれる人間はいないか」と言われた時に、
中島を九州に送りました。

彼は九州でNA(薬物依存回復のための自助グループ)を
中心とした独自のやり方で施設を運営していきましたが、
これを徹底してサポートしてくれたのが
川崎市の福祉局だったのです。

「中島さんが沖縄に行こうと、生
活保護でうちが面倒を見ます」と言って。

中島が結婚した時に、中島と二人で
川崎市の福祉局に挨拶に行きました。

その時の担当者を探して、
「お蔭様でこうなりました」と、川崎市の支えで
今があること、結婚したことを伝えました。

その後中島がガンを患い、薬物依存症なので
薬物は使いたくないと、薬もモルヒネも使わず、
痛みに耐えかねて自ら命を絶ったことは、
以前(202号)書いた通りです。・・・・

*  *

「薬物依存症は治らない。
が、回復できる」

回復=薬物を使わずに日々を生きるには、
仲間や行政のサポートが欠かせません。

<連載>
今日一日を生きる
「都市部らしい施設を目指す 川崎ダルク」

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

岩井喜代仁著
『薬物依存者とその家族 回復への実践録』
https://www.dou-shuppan.com/books/i_darc/
『わが魂は仲間とともに』
https://www.dou-shuppan.com/i_waga/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

27 8月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈山元加津子 作家〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2021年8月27日)

『道』209号 紹介動画
https://youtu.be/alCmjvyiemU

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇ 山元加津子 作家

まだ教員をしていた時のことでした。
新聞記者の方が本のことで取材をしに
来てくださったのです。

その時に、雑談でこんな話をしてくれました。

「先日、何十年も図書館に勤めておられた
図書館の館長さんに取材して、
一番心に残ったことはなんですか?と聞いた時、
『この話が心に残った』と館長さんが言いました」

そして話してくださったのは次のようなお話でした。

=====

毎日のように図書館に来て、あちこち
うろうろしている青年がいて、
障がいを持っているんだなぁとわかった。

毎日来て、声を上げるわけでもなくて、
ただうろうろして帰るという毎日だったのに、
ある日、突然泣き出し大きな声で怒鳴ったりしていた。

どうしたの?と尋ねると、新聞の号数が
ひとつ飛んでいたと言うのです。

「だめです。だーめーでーす」
と青年は泣き叫んでいた。

調べてみると本当に昨日の新聞の番号と
今日の新聞の番号が、ひとつ
飛んでいたことがわかった。

全国版の新聞社なので、問い合わせが
いっぱいあったのだろうかと電話で尋ねたら、
お問い合わせはあなただけですとのことだった。

家族に尋ねると、青年は近くの作業所で
働いているという。

変化が苦手で、毎日の作業も大変なことが多いけど、
図書館に行って、新聞を見て、
次の日が次の番号であるということが、
青年の心の安定になっていた。

図書館は本を読んだり、借りたりするだけの
場所のように思っている人も多いが、

青年にとっては、心を安定させてくれる
場所だったのだと知って、とてもうれしかった。

それが何十年も仕事をしていて、
一番心に残ったことだ。・・・・

*  *

加津子さんは、
その青年がご自分のクラスの
「あっちゃん」だと、すぐに分かったそうです。

<連載>
ありのままの私たち
「図書館は『勇気をくれる場所』」

季刊『道』209号
https://www.dou-shuppan.com/dou209-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

◆◇「前島由美・国光美佳 講演会」
◇ 《見逃し配信》でご覧いただけます

去る8月9日(月祝)に行なわれた、
発達障がいと呼ばれる子どもたちを、食の改善と
愛あるかかわりで、劇的な改善へ導いている
前島由美さんと国光美佳さんの講演会
「安心・安全な未来を子どもたちへ 今、大人ができること」を
【見逃し配信】でご覧いただけます。

オンライン配信の録画を、8月31日までご視聴いただけます。
https://www.dou-shop.com/SHOP/ev210809_zoom.html

当日の様子と、参加者の感想です。
皆さんの感動が伝わって参ります。
https://www.dou-shuppan.com/blog-20210810/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================