26 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈長倉洋海 フォトジャーナリスト〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月26日)

『道』213号 紹介動画
https://youtu.be/27t_cbE9Wjk

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇  長倉洋海 フォトジャーナリスト

(長年紛争地を取材してきた長倉さんが、
常に人間を通してそこにある事実を伝えようと
されている姿勢をあらためて感じました。

そんな長倉さんに、日本の現状をどう見ておられるのか、
またマスードという一人の指導者を17年にわたって
見つめ続けてきた写真家として、今あるべきリーダー像など、
伺えればと思います)

今の日本があるのは、先人たちが頑張ってくれたお陰で、
繁栄はその結果ではないでしょうか。

ですが、今日本はことごとくその財産を
食いつぶす方向にきているように思います。

円の価値も経済力も落ち、日本の企業ブランド力も落ちて、
さらに数字をごまかしたり、手抜きをしたりで
世界ブランドだった日本の大企業も
目も当てられない状況になってしまいました。

日本が効率や利益を追い求めてきたツケを
払う時がきたのだと思います。

昔から「ツケはいつか払わないといけない」
と言われてきましたが、その通りだと思います。

誰かに借りたまま、悪いことをしたままで
逃げ切ることはできません。

政治家であろうが、誰であろうが、
最後には自分がやってきた行為の代償を
いつか払うことになるということだと思います。

戦後の日本は、民主主義と平和を大切に
ということでやってきましたが、
それは西側をモデルとしたものでした。

国連を含めパーフェクトと思っていた西側の民主主義は、
今回のロシアのウクライナ侵攻で、その理想や方法論が
ことごとく崩れ落ちたと思います。

僕は長年、先住民であるアマゾンの人たちを
取材してきましたが、彼らが大切にするのは、
右肩上がりの進歩ではなく、大きく楕円形を描く生き方。

一方、西側は皆が好きなことをやって飽食し、
車に乗ってスピードを競うようにガソリンを
どんどん使うというあり方ですよね。

互いの欲望のためにぶつかり合い、時には奪い合いになる。

そのなかで温暖化や地球環境汚染の問題など、
地球が耐え切れないところまできている。

それはすべて今まで「便利だ、利益第一だ」
とやってきたツケなんですね。



*  *

『そこで彼の人生と、僕の写真を撮る人生と、
私たちが生きている時代が交差して、
それが「一つの写真」という形になった。

人生と人生、人生と時代が交差した結果が
僕の写真となった。

彼が亡くなって20年が経ちますが、
写真としてここにあるということが
僕にとっては大事なことなのです』

通信社勤務を経て、コソボやアフガニスタンやエルサルバドルなど、
世界の紛争地や内戦地をめぐりフリージャーナリストとして
幅広く取材活動を展開する長倉洋海氏。

目の前の事実をただ伝えるのではなく、そこで暮らす人々を見つめ
深く関わることで、その素顔を通し、見る人の心に言葉だけではない
思いを届けてきた。

長倉氏は、アフガニスタンの戦士マスードを17年間密着して
追い続けたジャーナリストとしても知られる。
なぜ一人の指導者を見つめ続けてきたのか、
そこから見えてきたものとは何か、写真にかける思いとともに伺った。

<ロングインタビュー>
カメラで見つめた人間の素顔
―言葉を超えて伝える世界―

季刊『道』213号
https://www.dou-shuppan.com/dou213-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

来たる8月、9月に京都、東京で
宇城氏に学ぶオープンセミナーを
開催します。

発揮できずにいる自分の潜在力を、
ご自身で体験してください。

その驚きと気づきが、
次に向かうエネルギーとなります。

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

25 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月25日)

本書 紹介動画
https://youtu.be/BRvxOWwUMpg

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の電子書籍より ―
◇  16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』

先日も若手の優秀なのがここに稽古に来た時、
「いつでもここ(額)に自分の先生を置いておけよ」
と言ったのです。

親があるかないか、ですよ。

さらに上になると、神様になる、
「いつでも神様が見てるぞ」ということです。

これは実際に感じたことだから、
誰にはばかることなく言える。

ある時稽古をしていてハッと相手を見た時に、
パッと相手から後光が差したのです。

それまでは、稽古相手を「神様の使い」だと思い、
「この相手にでもお前は心が動かないか、どうだ」
と試しているんだと思っていた。

ところがその相手に後光が差した瞬間、
「これは神様のお使いじゃない、神様そのものだ」
と思ったんです。

つまり神様との稽古だから、ずさんであってはならないと。
それが非常に良かったね。

それはやはり親、師匠を常に
持っていたからこそです。

いろいろな問題があって養護施設に入っている
子供たちがいます。親の養育を受けていない、
だから親を恨んでいるだろうと一般の人は思う。

しかし、その子供たちでも
親がここ(額)におるからね。

この道場で、20年くらいずっと
そういう子供たちを引き受けて剣道を教えていたのですが、

一生懸命にやれば誰でも何とかなる、
必ず良い報いがあるんだという話をした時に、

ある女の子が
「うちのお父さんも一生懸命やってるんだけどな」
とぼつっと言ったんです。

それで、「たとえどんな親であっても、
子供は親というものをこの世の中にかけがえの
ないものとして、頭に持っているな」と感じたんです。

だから親の悪口を絶対言っちゃいけない。

少しでも言えば絶対に反発する、
こちらの言う事を全部拒否する。

「ああ、親というものは大変なものだな」と思った。



――― 井上義彦 剣道範士
「『生きる』尊さへの気づきが、武道を命と結びつける」

*  *

大正、昭和の厳しい時代に武道修行を積まれてきた、
剣道、弓道、なぎなた界の師範方に、

自らの修行の様子、武道のあり方、指導者としての心得など、
じっくりお話しいただきました。

今求められる社会のリーダーとは。人間をつくるとは。
そのあり方のヒントにつながるインタビュー集です。

本書は電子書籍です。
Kindle、Koboなど電子ブックストアで購入いただけます。

詳細はこちらです。
https://www.dou-shuppan.com/ebook/bunomichi/

amazonでは【紙本】もあります。
https://www.amazon.co.jp/dp/4910001158/

どう出版の 電子書籍
https://www.dou-shuppan.com/ebook/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

5/28東京、6/25大阪に行なわれた体験講習会より
参加者の感想を一部紹介いたします。

小学生から参加できるようになり、
子どもたちの自然体の「潜在力」を目の当たりにすることは、
参加者にとって大きな学びと気づきになりました。

○ 愛知 中学1年生 男子
人間は本来統一体だけど、スポーツや暗記をすることで
統一体から部分体へとかわっていくのは、
本当にもったいないと思いました。

○ 千葉 医療従事者 44歳 男性
今回は子どもを連れて参加させていただきました。
宇城先生の見せてくださる人間の可能性が、
子どもにはまだまだ開かれていることがよくわかりました。
子育てをする親にとって、希望の光だと思います。

○ 群馬 主婦 58歳 女性
うわあ! 本当に! すごい!の連続でした。
人間の潜在能力を信じないとですね。

○ 神奈川 89歳 男性
長年求めていたものを、やっと得たというか、
全身で受け止められたという感じです。
人間が天地自然に生かされていると思っておりましたが、
天地と一体になれたと感じ、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

○ 大阪 19歳 大学生 男性
調和をするだけで自分の持っているエネルギーを
最大限に活かせるということを学ぶことができました。
もっと人の持っているエネルギーの使い方を知りたいと思いました。

○ 兵庫 会社員 47歳 男性
対立をやめて調和にするという言葉が、最近、職場の先輩との
関係で悩んでいた私にとって、腑に落ちました。
すべては自分という言葉が、ぐさっときました。

感想全文と、写真レポートを以下でご覧いただけます。

5/28東京
https://www.uk-jj.com/single-post/20220530
6/25大阪
https://www.uk-jj.com/single-post/20220627
動画 「子どもにできて、大人にできないこと」 宇城道塾 体験講習会より
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

来たる8月、9月に京都、東京でオープンセミナーを
開催します。

発揮できずにいる自分の潜在力を、
ご自身で体験してください。

その驚きと気づきが、
次に向かうエネルギーとなります。

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

22 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈池川 明 医学博士・池川クリニック院長   宇城憲治 UK実践塾代表〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月22日)

『道』213号 紹介動画
https://youtu.be/27t_cbE9Wjk

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新号『道』より―
◇ 【対談】池川 明 医学博士・池川クリニック院長
◆      宇城憲治 UK実践塾代表

【池川】
宇城先生の記事は『道』で毎回
読ませていただいています。

【宇城】
ありがとうございます。

池川先生の胎内記憶の世界は目に見えない世界ですが、
私も気という目に見えないエネルギーの世界を
展開しているものですから、

今日はぴったりな話になるのではと
楽しみにしてきました。

しかし科学では最先端にあるはずの研究が、
この目に見えない世界を「非科学」としているのは
残念なことですね。

【池川】
見えない世界を排除した形で
科学が成り立っているので、
仕方ないところがありますよね。

先日高野山大学の教授と話をしましたら、
経典を一文字ずつ解釈していると。

宗教の世界でさえ全体を
見失っているのではないかと言っていました。

要素還元論で人間の臓器を
全部ばらばらにして元に戻すと言っても、
元の人間にはなりませんよね。

目に見えない世界を見える世界で考えるのは
なかなかむずかしいところがありますね。

しかし見えない人には
見える形にしたほうが分かりやすいですが、
ここがなかなかむずかしい。

【宇城】
そうですね。

そこで私はその見えないものを見える形にする、
すなわち、具体的に今の常識にないようなことを
体験してもらうことで気づいてもらっています。

科学ではよく「鶏が先か、卵が先か」という
議論がありますが、科学では答えは出せません。

しかし現実には鶏と卵、ふたつとも存在する。

そういう中で私の答えは「鶏が先」で、
それは卵を温めるのも親、雛が生まれたら
エサを与えるのも親ですから。

私はそのように物事を
現実的に捉えるようにしています。

しかし科学は「なぜ、なぜ」と
常に答えを求めようとする。

【池川】
科学では人生は語れませんよね。

【宇城】
そうだと思います。
ですから何のために科学があるのか、
そういう問いを持つことは大切だと思います。

【池川】
そうですよね。

胎内記憶ですが、「胎内記憶という現象がない」
という人はいますが、実は否定できないくらいの
たくさんの人が胎内記憶について証言しており、
あるのは間違いないのです。

しかし科学としては分からないことが
起きているとしたら、その共通性を見つけることが
科学の役割ではないかと思うので、
そういう意味では、まだそこまでいっていません。



*  *

「命を授かったということは奇跡みたいなものなのだと。
お父さんお母さんが一緒になったから
妊娠するという単純なものではなくて、
すごい命のやり取りの中で
最後に命を吹き込まないといけない。

これが多分、エネルギーだと思うのです」

生まれる前や胎内にいる時から記憶があるという
「胎内記憶」の研究で知られる池川明先生は、

赤ちゃんはしゃべれなくても、目や口や体温で
お腹にいる時から、すでにいろいろなことを
表現していると言う。

その赤ちゃんの声に大人が気づいてあげることが
いいお産、そして両親の幸せにつながっていくのだと。

一方、子どもが生まれながらに持つ潜在力を
目に見える形で示している宇城氏。

両氏のお話は、子どもの真の成長の邪魔をせず、
そのまま育んでいくために、今、大人が何に気づき
どう行動しなければならないかを、多々示唆するものとなった。

<巻頭対談>
子どもが示す調和の力
赤ちゃんが教える命のつながり

季刊『道』213号
https://www.dou-shuppan.com/dou213-lp/
☆ 内容の一部をお読みいただけます。

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

来たる8月、9月に京都、東京で
宇城氏に学ぶオープンセミナーを
開催します。

発揮できずにいる自分の潜在力を、
ご自身で体験してください。

その驚きと気づきが、
次に向かうエネルギーとなります。

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

19 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月19日)

本書 紹介動画
https://youtu.be/BRvxOWwUMpg

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の電子書籍より ―
◇  16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』

・・・家族制度、家庭教育の足らないところが、
少年剣道にも出ておる。

また今の若者の事件にも、そういうものが出ておると
私は思うわけです。

それに対処するには、まずは指導者として、
自分自身の剣道を高める努力を怠らないことだと思います。

自分の剣道を上達させることが、正しい剣道指導に
つながると考えるからです。

そして剣道を高めるためには
理念を踏まえた剣道を心がけ、日々の稽古に励むことです。

稽古ということで、もう少し私の考えを
話してみたいと思います。

剣道の古い本に『天狗芸術論』という本があるのですが、
その中に次のような言葉があります。

「道は見るべからず聞くべからず。
その見るべく聞くべきは道のあとなり。

そのあとによって、そのあとなきところを悟る。
これを自得という。

学は自得にあらざれば用をなさず」

この言葉から剣道の
「百練自得」という言葉ができたのです。

つまり、頭でわかっただけでは
役にたたんということです。

人の通った道を歩いてみて、
先人が修行したあとがわかる。

またそれを自分でやってみてわかる。
これが稽古なんです。
これが武道ということになると思うのです。



――― 石原忠美 剣道範士
「我が剣道を語る 剣による人間形成を目指して」

*  *

大正、昭和の厳しい時代に武道修行を積まれてきた、
剣道、弓道、なぎなた界の師範方に、

自らの修行の様子、武道のあり方、指導者としての心得など、
じっくりお話しいただきました。

今求められる社会のリーダーとは。人間をつくるとは。
そのあり方のヒントにつながるインタビュー集です。

本書は電子書籍です。
Kindle、Koboなど電子ブックストアで購入いただけます。

詳細はこちらです。
https://www.dou-shuppan.com/ebook/bunomichi/

amazonでは【紙本】もあります。
https://www.amazon.co.jp/dp/4910001158/

どう出版の 電子書籍
https://www.dou-shuppan.com/ebook/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

先日行なわれた、5/28東京、6/25大阪の体験講習会より
参加者の感想を一部紹介いたします。

小学生から参加できるようになり、
子どもたちの自然体の「潜在力」を目の当たりにすることは、
参加者にとって大きな学びと気づきになりました。

●愛知 中学1年生 男子
人間は本来統一体だけど、スポーツや暗記をすることで
統一体から部分体へとかわっていくのは、
本当にもったいないと思いました。

●千葉 医療従事者 44歳 男性
今回は子どもを連れて参加させていただきました。
宇城先生の見せてくださる人間の可能性が、
子どもにはまだまだ開かれていることがよくわかりました。
子育てをする親にとって、希望の光だと思います。

●群馬 主婦 58歳 女性
うわあ! 本当に! すごい!の連続でした。
人間の潜在能力を信じないとですね。

●神奈川 89歳 男性
長年求めていたものを、やっと得たというか、
全身で受け止められたという感じです。
人間が天地自然に生かされていると思っておりましたが、
天地と一体になれたと感じ、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

●大阪 19歳 大学生 男性
調和をするだけで自分の持っているエネルギーを
最大限に活かせるということを学ぶことができました。
もっと人の持っているエネルギーの使い方を知りたいと思いました。

●兵庫 会社員 47歳 男性
対立をやめて調和にするという言葉が、最近、職場の先輩との
関係で悩んでいた私にとって、腑に落ちました。
すべては自分という言葉が、ぐさっときました。

感想全文と、写真レポートを以下でご覧いただけます。

5/28東京
https://www.uk-jj.com/single-post/20220530
6/25大阪
https://www.uk-jj.com/single-post/20220627
動画 「子どもにできて、大人にできないこと」 宇城道塾 体験講習会より
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

来たる8月、9月に京都、東京でオープンセミナーを
開催します。

発揮できずにいる自分の潜在力を、
ご自身で体験してください。

その驚きと気づきが、
次に向かうエネルギーとなります。

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

15 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈無着成恭 教育者・僧侶〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月15日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 季刊『道』より―
◇  無着成恭 教育者・僧侶

私の著作『おっぱい教育論』では
そういうことを書いているんです。

「知識というのはいったい何か」という根本問題ですよ。

林セツ子さんという乳揉みの日本一の名人が北九州にいて、
『おっぱい教育論』のことがあったので、林さんに
乳首の穴の数についてぜひ聞きたいと言いましたら、

「無着先生、それは個人差があるけど、だいたい20個だよ」
と教えてくれたんです。

21個や22個ある人もいるし、乳腺が詰まっていて
18しか出ない人もいるけど、平均すると20個だと。
今日あなたたち初めて知った?(笑)。

―― はい(笑)。でも乳首の穴の疑問とか、
そういう質問は学校で聞けないから、
子どもは電話相談室で聞いたのでしょうね。

そう。だけど、そういう質問がだんだんなくなってきた。
そういう質問がこなけりゃ、俺は面白くないわけです。

「あー、来たぞ、来たぞ」っていうような
質問がこないとね(笑)。

TBSから、子どもの番組をつくりたいけど、
どういう番組がいいでしょうと相談がきた。

だから、「子どもから質問を受ける番組をつくろうよ」
と提案したら、俺が代表みたいになっちゃった。

答えられない質問ばかりだったんだけど、
その時に「いや~子どもってすごいや」と思ったんですね。

「乳首の穴が何個」なんて質問がくると
僕なんか嬉しくなっちゃって、ぱーーっと手をあげて、
「その質問、俺にくれ!」と(笑)。

答えられないものには「だめだめ!」とか(笑)。
いや、楽しかったですよ。

それでも結局当てられて、分からないと
「それじゃ、来週までに」とか言っていた。

―― はい、子どもからとんでもない質問が来ると、
無着先生が「宿題だ。明日答える!」と言われて、
それが好きでした(笑)。

そうでしょう。だって専門家だって
答えられない質問あるからね(笑)。

―― 「宇宙人は何食べているの?」という質問に、
先生は「もちろん、宇宙食でしょう」って(笑)。
「かかしはどうして一本足なの?」の質問には、
「一本足でなければかかしじゃないでしょう」って(笑)。

だって、足が二本あったら逃げていくからね(笑)。
そういうダジャレは即座に思いつきますよ(笑)。

だから「赤ちゃんのヘソの緒の中を流れている血は
お母さんの血ですか、赤ちゃんの血ですか」という質問も、

「お母さんの血に決まっているじゃないか」というのが
日本人のほとんどの答えですが、だったら

赤ちゃんとお母さんの血液型が
全く一緒じゃないといけないでしょ。

そこから違う。
違うということはどういうことか。

そういうことを分からせることが
教育の原点にないといけないわけですよ。

教育とは、「今日行く」、
明日では遅すぎるんです。

少なくとも小学6年生、初潮がくる寸前くらいまでに、
こういうことを教えておかないと、
日本人は駄目になるんじゃないかと私は思いますね。



*  *

敗戦によって教育のあり方が激変するなかで、
僧侶でありながら教職に就いた無着成恭氏。

赴任した貧しい山村の子どもたちを前に、
自分でより良い生活を切り拓いていくための
「ほんものの教育」をと願って活用したのが、
綴り方(作文)だった。

『山びこ学校』にまとめられた子どもたちの
ひたむきで克明な生活記録は読む人の胸を打ち、
戦後教育に大きな影響を与えた。

子どもの自発性を引き出し好奇心を育てる姿勢は、
ラジオ「全国こども電話相談室」を生み、

レギュラー回答者として33年間、子どもたちの
素朴かつ本質的な質問に向き合ってきた。

常に人間をつくるとはどういうことかを
自らに問い実践する無着氏に、今の教育について伺った。

<ロングインタビュー>
人間をつくるとは、真の教育とは
子どもの「なぜ?」に向き合って70年、私の実践教育

【189】 2016夏
https://www.dou-shuppan.com/dou189-lp/

無着成恭著『おっぱい教育論』
https://www.dou-shuppan.com/books/oppai/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

「子どもたちに、体験塾を通して
自分達に眠る潜在力を体験してもらい、
元気になってもらいたい」

子どもが希望を持てない日本。

こんな(↓)体験をした子どもたちは、
目を輝かせます。
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

子どものエネルギーを実感すれば、
大人も元気になります。

親子でふるってご参加ください!

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

14 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈五月女貢 合気道家 『伝承のともしび』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月14日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の本より ―
◇  五月女貢 合気道家 『伝承のともしび』

よく外国の人から日本人は原則がない
と言われる原因の一つに、日本人の宗教に対する姿勢がある。

日本では、アメリカやヨーロッパで
日曜日ごとに特定の教会に行くように、
神社や寺院に詣でるような習慣は社会化されていない。

また、どの宗教を信じるか、どの宗派に属するかは、
あくまで個人の自由であり、宗教戦争で血を流すことは
逆に反宗教的行為とされ、
非常に挑戦的な活動やそういった宗派は嫌悪される。

つまり、社会の調和を破らず、日常生活において
どのような行為をするかということが重要なのであり、
それは本人の裁量の結果として表われるのである。

真理に近づくには一元論的なものではなく、
「富士山の頂上に至るには別の登山口から登っても頂上に至る」
という考え方に日本人は立つ。

日本人が分け合う共通の感情は、宗教によるのではなく、
いわゆる同郷意識、日本人同士という民族的感情である。

今日の世界的現象として見られるように、
現代人は「マス」として行動する、単一の行為様式への道を
たどっているかもしれない。

しかし、歴史的にも文化的風土からも異なる
という視点からは、西と東においてどちらが先進的で、
どちらが後進的かは言えない。

しかし(双方にとって)異質の文化であることは
確かである。

「あるがままに受け入れる」―― いろいろな角度から
時間をかけて比較検討し、試行しながら多元的方法論をもって
異文化を自らの文化に消化し適応させていく日本の思考様式は、

今日のように全世界が交流と調和を求めている時代に
ふさわしいものと考えられる。

東西世界における人間的な領域の進歩が、
はたして技術的進歩と歩調を合わせられるかどうかが、
今日、真剣に問われている。

その意味において、日本の伝統を、
あらためて見直す必要がある。



五月女貢著 『伝承のともしび』
https://www.dou-shuppan.com/books/saotome/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

先日行なわれた、5/28東京、6/25大阪の体験講習会より
参加者の感想を一部紹介いたします。

小学生から参加できるようになり、
子どもたちの自然体の「潜在力」を目の当たりにすることは、
参加者にとって大きな学びと気づきになりました。

●愛知 中学1年生 男子
人間は本来統一体だけど、スポーツや暗記をすることで
統一体から部分体へとかわっていくのは、
本当にもったいないと思いました。

●千葉 医療従事者 44歳 男性
今回は子どもを連れて参加させていただきました。
宇城先生の見せてくださる人間の可能性が、
子どもにはまだまだ開かれていることがよくわかりました。
子育てをする親にとって、希望の光だと思います。

●群馬 主婦 58歳 女性
うわあ! 本当に! すごい!の連続でした。
人間の潜在能力を信じないとですね。

●神奈川 89歳 男性
長年求めていたものを、やっと得たというか、
全身で受け止められたという感じです。
人間が天地自然に生かされていると思っておりましたが、
天地と一体になれたと感じ、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

●大阪 19歳 大学生 男性
調和をするだけで自分の持っているエネルギーを
最大限に活かせるということを学ぶことができました。
もっと人の持っているエネルギーの使い方を知りたいと思いました。

●兵庫 会社員 47歳 男性
対立をやめて調和にするという言葉が、最近、職場の先輩との
関係で悩んでいた私にとって、腑に落ちました。
すべては自分という言葉が、ぐさっときました。

感想全文と、写真レポートを以下でご覧いただけます。

5/28東京
https://www.uk-jj.com/single-post/20220530
6/25大阪
https://www.uk-jj.com/single-post/20220627
動画 「子どもにできて、大人にできないこと」 宇城道塾 体験講習会より
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

来たる8月、9月に京都、東京でオープンセミナーを
開催します。

発揮できずにいる自分の潜在力を、
ご自身で体験してください。

その驚きと気づきが、
次に向かうエネルギーとなります。

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

13 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈三村節 シベリア抑留体験者〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月13日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 電子『命の伝言』より ―
◇  三村節 シベリア抑留体験者

満州で就職して3年、軍隊に召集されて2年、
合わせて5年間満州にいたんです。

予備士官学校を出て、派遣されたのが万里の長城の、
昔は北支と言われたところでした。

万里の長城に望楼のようなものが
点々とあるでしょう、あれが私どもの
兵舎になっていたんですよ。

部屋に入って窓から見ると
万里の長城がうねうねと続いていました。

私自身は戦争そのものには
ほとんど参加しなかったんです。

回数から言ったら3回か4回です。

何よりそこで驚いたのは、営内に
囚人を入れておく小部屋があって、
そこに中国人が数人捕らわれていたのですが、

うずくまったまま立ち上がることもできないほど
衰弱しきっていました。

死の一歩手前というような様子で、
しきりに「水をください」と言っていました。

私は満州に3年いましたから、中国語が分かったのですが、
捕らわれるからには、何か日本軍に対して
反抗的な悪い事をやったんだろうと思い、

そういう相手に対して水を要求されたからといって、
あげる必要はないと考えてしまったんです。

私の一存で水をあげても別に
問題はなかったと思うのですが……。

その事は、今でも悔やんでいますよ。

恐らくあの人たちは
生きて戻れることはなかったと思います。



――― 三村節 シベリア抑留体験者
「絶望の中を生き抜いて 未来永劫の平和を守るために」

*  *

戦禍を生き抜かれた方々が語る
戦争の理不尽さ、悲惨さ、命の尊さ。

大切な生かされた命だからこそ、
伝えたい思いがある。

季刊『道』で丁寧に聞き取ってきた
貴重な証言インタビュー集です。

今、このような時だからこそ、
受け取っていただきたいメッセージです。

KindleやKoboなど電子書籍販売サイトで
ご購入いただけます。
amazonでは紙本もあります。

販売サイト・内容紹介ページ
https://www.dou-shuppan.com/ebook/inochi/

どう出版の電子書籍
https://www.dou-shuppan.com/ebook/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

「子どもたちに、体験塾を通して
自分達に眠る潜在力を体験してもらい、
元気になってもらいたい」

子どもが希望を持てない日本。

こんな(↓)体験をした子どもたちは、
目を輝かせます。
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

子どものエネルギーを実感すれば、
大人も元気になります。

親子でご参加ください!

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

12 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈国光美佳 食学ミネラルアドバイザー〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月12日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 季刊『道』より―
◇  国光美佳 食学ミネラルアドバイザー

◎ 子どもへの
恐ろしい向精神薬投与の実態

『食べなきゃ、危険!』に登場する「こうちゃん」
をスタートに、その後もさまざまな子どもたちと
繋がらせていただきました。

知的障がいを持つ子や
ダウン症の子たちとも出会いました。

ダウン症由来の排尿障害やお通じが出にくくて
何回も浣腸していたところから、

自力で排便、排尿ができるようになり、
吃音もすっかり良くなったとうれしい体験談も
届いています。

知的障がいを持つマー君という男の子の様子は、
冊子『キレなくなった子どもたち』でも
紹介しているのですが、

出会った当時小学校4年生で、自傷行為も多く、
目が離せなくて、お母さんも疲労困憊されていました。

ビール瓶を投げて割ってそこを走って血だらけになったり、
頭を壁に打ち付けるなど、命にもかかわるので、
いつもヘッドガードをしていました。

ミネラル補給が始まって2週間くらいで
マー君の自傷行為が落ち着いてきて、

お母さんから
「この子が生まれてから初めて年末年始を楽しめました」
という連絡がありました。

これまで、年末年始は養護施設が休みになるので、
毎日、マー君から目を離せずにたいへんな思いを
していたのです。

この子は結局ヘッドガードも不要になりましたが、
こうしたお母さんたちの、苦悩を抱える現実を目の当たりにし、
いかにお母さんの負担を軽くしてミネラル補給ができるかの
ヒントをいただいてきました。

そして、同時に、向精神薬を服用していた子たちとも
出会っていったのです。

中には、幼稚園の時に発達障がいと診断され
「このままだと小学校へ行った時にたいへんだから」
と向精神薬を処方された子もいました。



*  *

「簡単で便利で安い」と、コンビニ食やできあいのお惣菜、
インスタント食品、レトルト食品などの加工品がますます
食卓にあがることが増えている。

『食べなきゃ、危険! 食卓はミネラル不足』の
共著者・国光美佳さんは、そうした手軽さや見た目の良さに隠れ、
現代食からは、人間にとって重要な栄養素であるミネラルが
大きく抜け落ち、かつての日本には考えられないような心身の
不調を引き起こす要因となっていると指摘する。

栄養士も、教師も、医者も、親も知らない実態がある。

実測データをもって、今国光さんは全国をまわりながら、
ミネラルを補足する食に変えることで、
大人のみならず、発達障がいと診断された子どもたちの
大きな改善につながっている実践を広く伝える活動を
展開している。
国光さんの熱い思いを聞いた。

<ロングインタビュー>
子どもたちに健やかな未来を
現代食の実態から見える、今すぐ大人ができること

【203】 2020冬
https://www.dou-shuppan.com/dou203-lp/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

「子どもたちに、体験塾を通して
自分達に眠る潜在力を体験してもらい、
元気になってもらいたい」

子どもが希望を持てない日本。

こんな(↓)体験をした子どもたちは、
目を輝かせます。
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

子どものエネルギーを実感すれば、
大人も元気になります。

親子でふるってご参加ください!

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

11 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月11日)

本書 紹介動画
https://youtu.be/BRvxOWwUMpg

◆◇ 今、届けたい言葉 ― どう出版の電子書籍より ―
◇  16人の武道家会見集 『人間をつくる 武の道、武の心』

言ったって直す気がなければ
身についた癖は直らないです、
よほどの努力をしないかぎり。

心から入れ替えないとだめですね。

だから、子供を教える最初が
いちばん大事なんです。

「子供だから」と最初をいい加減に教えると
それが癖になる。
癖になったらなかなか直らないんです。

それこそやかましく言って、
泣くくらいやらないと直らない。

しかし、あまりやかましく言うと
今の子は辞めてしまう。

ですから指導者というのは
よほど気をつけないとだめなんですね。

『剣道の詩』に載せた、吉田松陰のことばに、

「眞に教うべきものありて人の師となるべし。
又眞に学ぶべきものありて我が師とすべし」

こういうことを頭において
勉強してほしいと思うんですね。

昔から言う「良師を選ぶに三年待て」
というのはこれなんですね。

『驢鞍橋』(三河武士・鈴木正三著)に
おもしろいなと思ったものがあって、

“まじめ〟はふつう「真面目」と書きますね。
これを、ものの間をぴしゃっと締める、
これを「間締め」と言うと。

その反対を「間抜け」というのだと。
そして間締めには三つあるという。

「心の間の抜けているのを締める」
「身体の間の抜けているのを締める」

そして「心と身体の間の抜けているのを
しっかりまとめて締める」

この三つがあるんだと。



――― 羽賀忠利 剣道範士/居合道範士
「子供の心に焼きつく手本となれ」

*  *

大正、昭和の厳しい時代に武道修行を積まれてきた、
剣道、弓道、なぎなた界の師範方に、

自らの修行の様子、武道のあり方、指導者としての心得など、
じっくりお話しいただきました。

今求められる社会のリーダーとは。人間をつくるとは。
そのあり方のヒントにつながるインタビュー集です。

本書は電子書籍です。
Kindle、Koboなど電子ブックストアで購入いただけます。

詳細はこちらです。
https://www.dou-shuppan.com/ebook/bunomichi/

amazonでは【紙本】もあります。
https://www.amazon.co.jp/dp/4910001158/

どう出版の 電子書籍
https://www.dou-shuppan.com/ebook/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

先日行なわれた、5/28東京、6/25大阪の体験講習会より
参加者の感想を一部紹介いたします。

小学生から参加できるようになり、
子どもたちの自然体の「潜在力」を目の当たりにすることは、
参加者にとって大きな学びと気づきになりました。

●愛知 中学1年生 男子
人間は本来統一体だけど、スポーツや暗記をすることで
統一体から部分体へとかわっていくのは、
本当にもったいないと思いました。

●千葉 医療従事者 44歳 男性
今回は子どもを連れて参加させていただきました。
宇城先生の見せてくださる人間の可能性が、
子どもにはまだまだ開かれていることがよくわかりました。
子育てをする親にとって、希望の光だと思います。

●群馬 主婦 58歳 女性
うわあ! 本当に! すごい!の連続でした。
人間の潜在能力を信じないとですね。

●神奈川 89歳 男性
長年求めていたものを、やっと得たというか、
全身で受け止められたという感じです。
人間が天地自然に生かされていると思っておりましたが、
天地と一体になれたと感じ、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

●大阪 19歳 大学生 男性
調和をするだけで自分の持っているエネルギーを
最大限に活かせるということを学ぶことができました。
もっと人の持っているエネルギーの使い方を知りたいと思いました。

●兵庫 会社員 47歳 男性
対立をやめて調和にするという言葉が、最近、職場の先輩との
関係で悩んでいた私にとって、腑に落ちました。
すべては自分という言葉が、ぐさっときました。

感想全文と、写真レポートを以下でご覧いただけます。

5/28東京
https://www.uk-jj.com/single-post/20220530
6/25大阪
https://www.uk-jj.com/single-post/20220627
動画 「子どもにできて、大人にできないこと」 宇城道塾 体験講習会より
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

来たる8月、9月に京都、東京でオープンセミナーを
開催します。

発揮できずにいる自分の潜在力を、
ご自身で体験してください。

その驚きと気づきが、
次に向かうエネルギーとなります。

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================

08 7月

【どう出版 メルマガ】 今、届けたい言葉 〈中洞正 山地酪農家〉

┌┐
└◆ どう出版メルマガ  (2022年7月8日)

◆◇ 今、届けたい言葉 ― 季刊『道』より―
◇  中洞正 山地酪農家

2500万ヘクタールもある日本の森林面積を
活用する事をなぜ考えないのかなと思うんです。
一番いいのは山で経済活動をすることなんですよ。

牛のような草食動物を山に放せば、
ここに生えている緑がすべて牛の餌ですから。

中洞牧場の山にある草で、野ばらとか、
牛が食べないものが5、6種類ありますが、
あとは全部食べる。

だから山に牛を放せば、この山から
牛乳がとれるんです。

下草が生えて人間が入って行けないところに
牛を放すことによって、山がちゃんとした形で
保全されるんです。

そして最終的には下草が野シバになっていく。

広葉樹でも樹冠が大きくなって地表に
太陽光線が当たらないと暗くて草が生えなくなる。

それを間伐して下草が生える環境にしてあげると
保水力が上がり、牛が草を食べることもできる。

昭和30年代の全国に広がった造林ブームで、
日本の森林の約4割にあたる一千万ヘクタールが、

「成長が早く、建築資材に適している」ということで、
スギ、ヒノキ、カラマツ、アカマツ、クロマツといった
針葉樹の人工林になりましたが、

それが木材の自由化が進められたために、
国産材の価格が暴落して、伐採の費用が販売収入より
上回るようになり、今、多くの人口林が
放置されている現状なんですね。

そういう針葉樹も間伐して枝を落として
太陽光線が当たるようにすれば、林間放牧もでき、
日本の森林を有効活用することができるんです。

そうやって日本中にある荒廃した人工林を
再生させることだって夢ではない。

山地酪農と林業の協業には
いろいろな可能性があると思っているのです。



*  *

狭い牛舎で牛を飼う密飼いが常識の日本の酪農界にあって、
山地酪農家の中洞正さんは、牛たちを広い山に24時間
356日周年昼夜放牧し、

そこにある草や木の葉を自由に食べさせ、
健康な牛の育成を目指してきた。

そのあり方は、まさに酪農業界の自然農法であり、
荒廃する日本の山の再生・保存への道にも
つながっているという。

「真実がどこにあるかを見極める力をもつことが大切」

経済原理、科学信仰によって押しつけられた“常識”を、
ぶれない信念ではねのけてきた中洞さん。

その生き方は、そのまま今の日本をどう生きるかの、
私たちへの強烈な問いかけともなっている。

<ロングインタビュー>
山地酪農が教えてくれること
真実を見極めれば見えてくる、日本の未来

【185】 2015夏
https://www.dou-shuppan.com/dou185-lp/

◆◇ 宇城憲治 実践講演会・体験講習会
◇  〈8/11 京都〉〈9/19 東京〉

「子どもたちに、体験塾を通して
自分達に眠る潜在力を体験してもらい、
元気になってもらいたい」

子どもが希望を持てない日本。

こんな(↓)体験をした子どもたちは、
目を輝かせます。
https://youtu.be/VwwvFB3Yxpk

子どものエネルギーを実感すれば、
大人も元気になります。

親子でふるってご参加ください!

●実践講演会〈京都〉
2022年8月11日(木祝) 12:30~16:00 (開場12:00)
ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk202208/

●宇城道塾 体験講習会〈東京〉
2022年9月19日(月祝) 14:00~17:30 (開場13:30)
町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人(高校生以上)5000円/小中学生 2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/tk202209/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回発行
年間購読料: 5,000円(税込・送料無料)

お申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ どう出版Facebookページ
http://www.facebook.com/doushuppan

☆ ブログ 記事紹介
https://www.dou-shuppan.com/category/blog/

※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1~3回配信しています。

※本メルマガは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
ご希望いただいた方にお送りしております。

※本メルマガの配信停止、アドレス変更は
以下のページでお手続きください。

○ 登録・解除ページ
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm

○ アドレス変更
https://qyo.y-ml.com/form_if.cgi?id=dou_mm&modify=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文武に学び未来を拓く- 季刊誌 “道(どう)”
http://www.dou-shuppan.com/
===============================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
http://www.dou-shuppan.com/inquery/
—————————————
TEL 042(748)2423
FAX 042(748)2421 (24時間)
===============================================