02 5月

『道』204号 連載 船橋康貴 「ミツバチが教えてくれること」

 

<手作りで生まれた「清里みんなの学校」>

 

前回203号で「八ヶ岳に腰を据えて」と書かれていたハニーさんこと船橋康貴さん。

とうとう、小さなグリーンスクール「清里みんなの学校」を立ち上げました!

 

この新型コロナの影響で休校になった子どもたちのために、学びの場をつくろうと、知恵と技術を持った人たちが自然に集まり、たった1日、数時間で出来あがったのだそうです。

 

タネまきと普段からの深い思いがあるから、こうして叶うんだなぁと思いました。

 

みんなの学校の今の様子と、これからの展望をつづっていただきました。
これはちょっとワクワクします!

 

[季刊『道』204号]

 

02 5月

『道』204号 連載 佐々木隆 「私たちは銀河のなかに生きている」

 

<地球と太陽の芸術>

 

毎号、人間の営みと壮大な銀河を1枚の写真におさめ、大自然と地球時間から眺めた人類への問いかけを詩文にしてくださる佐々木隆さん。

 

今回は、カナダ・ホワイトホース付近で撮られたというオーロラです。

渦のように光が巻くオーロラと、
カーテンがひるがえっているかのようなオーロラ。

オーロラ発現の仕組みを詩に織り交ぜながら、壮大な地球ショーを届けてくださいました。

 

[季刊『道』204号]

 

01 5月

『道』204号 連載 安藤誠 「日常の奇跡」

<Wildlife Photographer Of The Year 2020>

 

『道』の裏表紙で、
毎号、日常にある奇跡を一枚の写真で綴ってくださるのが写真家でアウトドアガイドの安藤誠さんです。

 

今回の写真は、まさに、その奇跡の瞬間!がなんとも言えない迫力で伝わってきます!
これは、文章ではどうにも伝えられません。

 

この写真は、
ネイチャーフォト世界コンテストの最高峰である
イギリスの「ワイルドライフフォトグラファーオブザイヤー2020」に見事入選したそうです!

 

その喜びを安藤さんは
『道』の読者と分かち合ってくださいました。

 

それがまた嬉しい「奇跡」でした。

 

[季刊『道』204号]

 

01 5月

『道』204号 連載 山元加津子 「ありのままの私たち」

<相手の心は自分の鏡>

 

かっこちゃんこと、山元加津子さんは、長年特別支援学校(養護学校)の先生をやっておられました。

 

かっこちゃんは
たくさんの養護学校の子供たちと出会うなかで、子どもたちが心を閉ざしているようでも、決して外見やその時々の様子からはわからない、豊かな心、感情があることをたくさん体験してきたそうです。

 

今回の記事では、
そんな養護学校時代に出会った「大ちゃん」との心あたたまるエピソードをつづってくださっています。

 

添えられた素敵な写真も、かっこちゃんが撮ってくださったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[季刊『道』204号]

30 4月

『道』204号 連載 岩井喜代仁 「今日一日を生きる」

<新潟ダルク>

 

ダルクは薬物依存者が社会復帰を目指すためのリハビリ施設です。
岩井さんは、自ら薬物依存に苦しむなかで、ダルクに出会って救われ、今は茨城ダルクの代表として、たくさんの薬物依存者を救う側として活躍されています。

 

岩井さんには、薬物依存者というだけではなく、
元やくざの組長で、麻薬の密売人もやっていたという経歴があります。

 

本連載では、そんな岩井さんが、自ら回復の道を歩みながら、一人でも多くの仲間の回復を求めて各地にダルクを開設するまでの歩みを語っています。

 

開設されたダルクの施設長(同じく薬物依存者)による手記も紹介されていて、どのようにして薬物依存と向き合い、現在の責任を果たしているかが綴られています。

今号では新潟ダルク開設に至るまでのお話。

 

岩井さんは、どんな時でも、どんなに裏切られても、人を信じ抜く。
その忍耐と愛情が、その人を変えていく原動力になっている。

 

本連載は、そんな岩井さんの
人間 岩井喜代仁 の物語でもあります。

 

[季刊『道』204号]

 

30 4月

『道』204号 連載 金澤泰子「きょうも、いい日」

<翔子の不思議なカラクリ>

 

ダウン症の一人娘、翔子さんが独立してすでに3年。

独立前からの翔子さんとのやりとりを、本誌連載で綴ってくださっている金澤泰子さん。

 

今号では、泰子さんの気持ちを「翔子さんへの手紙」という形でつづっていただきました。

いつのまにか喫茶店で働くようになっていた翔子さんに驚きつつ、その姿に心から感動しているお母さんの愛情。

たくさんの心配や迷いがあっても、翔子さんを信じ続け、その成長を見守ってきたからこそ……。

 

その思いがじんじん伝わってきて、涙、涙でした。

 

翔子さんとお母さん、
本当に素敵なお二人のものがたりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

[季刊『道』204号]

29 4月

『道』204号 連載 宇城憲治「気づく気づかせる」

<正のエネルギーを培う「豊かな心」>

 

「気づく、気づかせる」は、毎号、ジャンルを問わず、あらゆる分野で活躍しておられる方と対談してくださっているUK実践塾の宇城憲治氏の連載ページです。

 

対談と一口に言っても、自分の知っている分野、知らない分野、得意な分野、苦手な分野、いろいろあるものですが、

宇城氏は、対談相手としてどんなジャンルの、どんな方が登場されても全く動じることなく、しかも、あらゆる話題にすうっと入り込み、

いつの間にかそこに、一体感すら生じさせてしまいます。

 

目に見えなくても、そこに存在するもの。宇城氏は今回の連載で、「人は、自分が接した文化や、時代が醸し出す目に見えない『空気』によって育つ」と書いています。

 

なぜならば、私たちは、人間としての喜び、かなしみ、良い、悪いというものを、言葉より先に空気を通して感知しているからだと言います。

 

だからこそ、私たち大人は、今、蔓延している負のエネルギーに対し、それに打ち勝っていく正のエネルギーを自らに培わねばならない。

 

本記事で宇城氏は、対立構図から調和構図への変化こそ、正へのエネルギーを培う土台となると説いていきます。

 

29 4月

『道』204号 新連載 前島由美 「愛の関わりと連携で輝きを取り戻す子どもたち」

今号より、新刊『輝きを取り戻す”発達障がい”と呼ばれる子どもたち』の著者 前島由美さんの新連載が始まりました。

 

新刊の発刊以来、そこに紹介された子どもたちの変化の実例に、大きな反響が寄せられていましたが、実は、本書に載せきれなかった実例がたくさんありました。

 

本連載では、そうした、ゆめの森こども園での、回復事例をひとつずつ、丁寧に紹介していきます。

お母さんと二人三脚で子どもたち回復に取り組む由美先生の、温かさ、やさしさあふれる
素敵な新連載です。

 

第一回は、
「お母さんの心がほどけたことで変わっていったリュウくん」のお話です。

 

[季刊『道』204号]

 

28 4月

『道』204号 連載 野村哲也 「地球を歩く」

<熊の王国>

 

てっちゃんこと野々村哲也さんが、アメリカアラスカ州にある世界屈指の熊の王国を訪れ、たくさんの個性あふれる熊の写真を紹介してくれました。

 

とにかく、てっちゃんが撮ってくる写真は、まるで「被写体と、構図を打ち合わせでもしたのですか?」と言いたいくらい、偶然にしては自然すぎる、表情豊かな写真ばかり。

 

夕日をじっと見つめる哀愁あふれる熊さんの後ろ姿があると思ったら、夕日に向かって合掌する熊さんがいたりと。

 

今号は、野村さんの愛すべきキャラクターがのりうつったかのような熊さんたちの写真が満載です。

 

とにかく癒されます!

 

[季刊『道』204号]

28 4月

『道』204号 インタビュー 影山智洋 「写真が照らす家族の絆 父・影山光洋が刻んだ昭和の記録」


『道』204号 インタビュー 影山智洋 『写真が照らす家族の絆 父・影山光洋が刻んだ昭和の記録』

「戦後というと食糧事情ももちろん大変だったのですが、
その中には人間の生活があって、笑いもあった。
苦しい中にも日本人というのはちゃんと生活していたんだということを、
『昭和』という形で記録しておこうと、
父は家族をテーマに写真を撮ったのだと思うのです。」

 

これは、昭和の時代に報道写真家としてスクープをものにするなど活躍した、影山光洋氏を父にもつ影山智洋氏の言葉です。

記事では、お父様の光洋氏が撮った写真をふんだんに掲載しています。

光洋氏が、戦前、戦中、戦後に撮られてきた写真は、当時の社会情勢の記録だけでなく、人間の営みそのものに目が向けられていて、まさに、昭和という時代の空気を感じさせるものでした。

また、光洋氏が家族をテーマにしたアルバム『芋っ子ヨッチャンの一生』は、わずか5歳2ヵ月で亡くなった三男を記録したもの。

写真からは、あふれんばかりの家族愛と、貧しくも豊かだった昭和という時代が浮かび上がってきます。

同じく写真家で、光洋氏の次男である智洋氏に、お父様への思いとその足跡を語っていただきました。

[季刊『道』204号]