12 11月

出版記念講演開催します 『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』

『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』出版を記念して、著者・前島由美さんの講演会を開催いたします。

本書に盛り込まれた、“発達障がい”と呼ばれる子どもたちが、愛の関わりと食の見直しで回復している実例や、著者が今取り組んでいる、子どもの給食改革を目指す活動「Foods for Children フーズフォーチルドレン」の展開など、今、待ったなしの危機にある子どもを取り巻く環境を、良い方向にひっくり返す道についてお話しいただきます。

[ 詳細・お申し込みは]

前島由美・国光美佳 講演会

08 11月

著者 前島由美さんのこと 『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』

著者の前島由美さんは、保育士として長年、子どもたちの成長を見つめてこられた方です。

「出雲大社の出来るだけ近くで、昔ながらの自然な衣食住の環境で――」

理想とする保育園の夢を描いて準備をする中で、ひょんなことから療育アドバイザーとして関わることになった療育支援事業所で、問題行動や不登校などの子どもたちと出会います。

「いったい、この子たちに何が起きているのだろう?」

さまざま情報を求めていく中で、前島さんは
「発達障がいは脳内のアレルギーが原因」という言葉に出合います。

そこから分子栄養学、細胞生理学に学ぶ機会を得、一気に、子どもたちに起きていることが紐解かれていきます。

さらに運命的な出会いが続きます。

発達障がいと呼ばれるの症状を、食事へのミネラル補給で改善させた事例が載った本『食べなきゃ、危険!』と、著者の国光美佳さんです。

療育事業所ゆめの森こども園を立ち上げていた前島さんは、国光さんの全面協力を得て、次々と子どもたちにミネラル補給を行なっていきました。

食の改善で少しずつ落ち着けるようになる子どもたちは、
さらに、ゆめの森の愛をもった本気の関わりで、自己肯定感を取り戻し、生きる力に満たされていきます。

*  *  *

本書『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』は、その実践を丁寧に追った実例集です。

タイトルに「発達障がい」とありますが、本来そのようなものはなく、生活と環境を整え、子ども、そしてその家族が愛に満たされれば、かならず乗り越えられるものであると教えてくれる本です。

今、「発達障がい」に苦しんでいる親子に届いてほしい・・・そんな願いをタイトルに込めました。

著者前島さんと出会うきっかけであった季刊『道』の最新号202号では、
本書の発売を記念して、前島さんと国光さんの対談インタビューを掲載しています。
お二人の出会いから現在の活動まで、ページからあふれんばかりのエネルギーで語っていただいています!

子どもたちにために全国を、文字通り飛び回っておられるお二人の情熱に、触れていただきたいと思います。

ゆめの森、そしてこのお二人の取り組みによって、子どもたちの世界がより良く変わる―― そう感じていただけることと思います。

ぜひ、お手に取っていただきたいです。

 

11月25日入荷決定! 予約期間限定キャンペーンもあります。ご検討ください。
『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』 ご予約注文

 

前島由美・国光美佳 対談『どんな子も必ず救えると信じて』掲載号
季刊『道』202号

* 来年1月号203号では、国光美佳さんの単独インタビューが載ります!