■ 読者の声


 

輝きを取り戻す
”発達障がい”と呼ばれる子どもたち

ゆめの森こども園 愛の関わりと連携の実例集

前島由美 著

[詳細・購入ページ]

常に子どもたちと向き合う姿に自分の甘い考えを拭い去ることができました   
                              奈良 高校教員 男性


前島先生の『 輝きを取り戻す¨発達障がい¨と呼ばれる子どもたち 』を読ませていただきました。

特性のある子どもたちに正面から向き合い、包み込む温かさと、叱咤する厳しさの両方を実践される前島先生の姿に刺激をいただくと同時に、自分の未熟さに気付かされました。

著書の中では、子どもを受け止め温かく包み込む場面がよく書かれていますが、その数倍の子どもとの衝突があったと思います。
その中で、常に子どもたちと向き合う姿に自分の甘い考えを拭い去ることができました。

「食」の大事さも勉強することが出来ました。私には3歳の娘がいます。妻の母が夕ご飯をつくってくれています。
味噌汁が美味しく感じ、本を読んだすぐ後だったので祖母に「これはダシを摂っているんですか?」と聞くと、祖母が「そやねん、あさみ(娘)ちゃんがいてるから煮干しと昆布でダシをとってんねん」と答えてくれました。
祖母に感謝です。

実兄が統合失調症で社会復帰できず、母も悩んでいます。母に前島先生の本を紹介し、無添加白だしを購入し実家へ送りました。
本当にありがとうございます。

このような本(実践)と出合えたことに感謝   女性


同じ学校で働いている先生から『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』をいただき、拝読いたしました。

現在、病弱特別支援学校に勤務しております。以前から子どもたちの食について考えることがあり、ゆめの森こども園での前島先生の実践を読み、その思いが確信に変わりました。

いろいろな特性から人間関係をスムーズに形成できず、目の前で苦しんでいる子どもたちに必要な支援を考え奮闘していますが、いつも対処療法になってしまっていることに憤りを感じる日々。

そんな中、「人間の身体はその人が食べたものによって作られる」「子どもは食で育てる」という本著の中の言葉にハッとしました。

ゆめの森こども園のように「食」と力を合わせ、今の教育システムや社会に生きづらさを感じている子どもたちがいきいきと過ごせるような教育が少しでも広がれば私たち教員も希望を持ち、がんばれそうです!

このような本(実践)と出合えたことに感謝です。ありがとうございます。

このような内容は多くの人に知って欲しい   長野 会社員 男性


「輝きを取り戻す”発達障がい”と呼ばれる子たち」を読まさせていただきました。

まずは”発達障がい”という言葉に興味を持ちました。
大人社会でも時おり、「あの人は発達障がいだから」で片付けられることを耳にしており、私は”発達障がい”という言葉に違和感を持っていました。

この本を読んで、”発達障がい”は本来で言う病気はなく、現代社会が作り出した人為的な「ビョウキ」であると思いました。
この本で書かれている事例はとても怖い現実です。

”発達障がい”と診断された子たちの行動を抑制する「クスリ」と呼ばれる向精神薬の副作用、そしてハンバーガーなどに含まれる化学物質の悪影響など、身近な問題が書かれています。

是非、このような内容は多くの人に知って欲しいと思いました。
また、本来あるべき自然な食材からのミネラルなどの栄養摂取、
自然との共存を考えなくていけないと思いました。

もう一度根本をブラさないよう生徒たちと向き合っていこうと思います   長野 教員 男性


読ませていただきしばらくは言葉が出ませんでした。
それほど自分のなかでは衝撃的でした。

私は今、病弱の特別支援学校に勤務しています。在籍する高等部生の90%以上がASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)を原因とする2次障がいの生徒です。

本の中にある事例にあがってきているお子さんたちの特性の部分部分が本校の生徒に類似しています。高校生くらいになってくると2次障がい(統合失調、双極性障害、強迫性神経症等)のほうが深刻化しています。少なくとも本校が在籍している生徒たちの居場所として存在できれば、世の中から捨てられた感は薄らいでくれるかと考え、運営しているつもりです。

しかし、正直、こちらの合理的配慮や支援だけでは追い付かず、逆に職員側が心を病んでしまう手前の状態です。こうした実例を読ませていただき、もしもこうした食への取り組みが広く実現できたなら、この職場の状況ももっと違ってくるだろうと思いました。

自分らのやっていることは後処理でしかなく、もっと先手が打てることをこの著書で教えていただきました。それでも救えなかった子たちのために私たちみたいな職場があってもよいとは思いますが、こうした取り組みをしていくことで小・中・高各校の現場はもっと楽になっていくと感じます。本当に困っているのは現場です。

また、前島さんの「丸ごとうけとめる」「信じ切る」という姿勢から、根本はそこだったと気づくことができました。職員のスローガンとしては掲げるものの、彼らとの日常にアップアップしてしまい一番大事な部分を忘れかけていました。

もう一度根本をブラさないよう生徒たちと向き合っていこうと思います。
ありがとうございました。

前島先生の実践からエネルギーを分けていただいた   東京 50代 教員


『道』の記事や本書より感じる前島先生のエネルギーとその源になっている子供たちのエネルギーが世の中に広がっていくことによって、今抱えている社会のひずみを戻すきっかけになると思いました。

周知のとおり、社会全体が民主化=資本主義化のながれから、食の充実や人と人との心のつながりが密であった日本の文化が失われつつありますが、言葉でいうのは簡単ですが、前島先生は実践を通して、数えきれないほどの親子を守っていらっしゃり、本当に素晴らしいお話を拝読させていただきました。ありがとうございました。

私は、私立の学校の教職員でございます。自閉的傾向な子供と健常な子供が共に学ぶ混合教育を展開しております。

個性としてとらえ、クスリにたよらないことには創立当初より徹底しておりましたが、世の中の流れから保護者が情報に左右されて、知能検査の結果や最新のDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)に沿った療育を求めているように感じるとともに、クスリを飲んでいる子供の割合が多くなってきていると感じています。

今、私は、本学園の児童生徒の校外学習のための宿泊施設にて、管理人をしながら自然農法を目指した有機農法での農業体験サポートに取り組んでおります。子供たちの生き生きした笑顔は、地球の力から得られると強く思います。そして残念なことに都市部では特に、意図的に周囲の大人が機会を増やしていかなければならない世の中になってしまったと感じている中で、前島先生の実践からエネルギーを分けていただいたとともに、今取り組んでいる方向性が間違っていなかったと自信が生まれたように思います。

子育てに関し、勇気と元気をもらえる内容に感動   千葉 40代 医療関係


子育てに関し、勇気と元気をもらえる内容に感動しました。前島先生を始め、親御さんにしても、「子供の豊かな人生を願う」という思いをひとつに、様々な取り組みや子供への接し方をされているのが大変勉強になりました。

本書では「病気→クスリ」というインスタントで短絡的な考えと対処が、いかに危険なものであるかを思い知らされました。現代では様々な専門職が存在し、病気や身体については医師の診断が絶対視されています。それは反射的に「クスリを飲ませておけばいい」という思考停止を伴う危険性をはらんでいます。

それに対し、前島先生のミネラルにフォーカスする直感力、行政や医師との交渉力、そして子供たちも親御さんもゆめの森のスタッフをも包み込む包容力に、実践者であることの矜持を見た気がしました。そこには思考停止がありません。理屈や権威に屈せず、「結果を出す」という証明は確固たるものです。

こうした実証事実が重なって、前島先生の教育や食育が新たなスタンダードになることを期待しています。

季刊誌『道』において、前島先生は「科学的な検証を求められた」という批判を受けたとおっしゃっていましたが、それは学者の役割というものでしょう。実践者と学者は立ち位置が違うはずです。

一般的にもミネラルは生命活動に必要な要素とはされていますが、そのすべてが理解されているわけではありません。かつて食物繊維が「炭水化物に含まれるゴミ」としか思われていませんでしたが、脳腸相関という言葉が出てくる現在では、その価値が一変しています。

ミネラルももしかしたら本書の指摘、いやそれ以上に凄い効能があるのかもしれませんが、その証明は学者の役割です。前島先生には実践者として是非是非結果を積み上げていって、学者たちも無視できない偉業を成し遂げていただきたいと思いました。

どんな理屈より何より、子供たちの笑顔は掛け値なしの真実です。今後とも子供の笑顔を取り戻す活動に期待しています。

今、涙が止まりません   奈良 教員 男性


『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』を拝読いたしました。
 
今、涙が止まりません。
自分でも、何故泣いているのかもよくわかりません。
 
教師の皆さん。
 
この本、素晴らしい本です。
 
実例、実践、実態、事実、真実が満載です。
それしか載っていません。
 
是非、手に取ってみてください。

とにかく今自分にできることで行動します   大阪 30代 教員 女性


前島由美さんの著書、拝読しました。

目の前の子どもたちを信じ、真剣に向き合う。
「愛」で全てを受け止め「真剣」に向き合う実践をされている方がいらっしゃることに心が震えました。

私もここ2年続けて担任をしている生徒に発達障害だろう生徒がいます。
自分の関わり方の甘さ、ぬるさ。
結局は枠にはめようとしているだけで、相手の幸せは全く考えられていませんでした。

口では寄り添うようなことを言いつつも、本人だけでなく親御さんとも向き合えていない自分に愕然としました。

ただそれと同時に、教師の役割の大きさも再認識しました。
私たち教師が変わらなければ子どもたちをダメにしてしまうということがよくわかる事例報告、事実がたくさんありました。
逆に、教師が変われば救えることも多くある。

ただ子ども達が幸せに生きようとすることを邪魔をせずに、導いていける教師にならなければ、国を滅ぼすお手伝いをしていることになってしまいます。
まずは自分自身が力をつけること。そこからがスタートです。

反省をしているだけで、何も行動しなければ結局は自己満足で終わってしまいます。ウダウダ言うのではなく、とにかく今自分にできることで行動します。

素晴らしい一冊をありがとうございました   福島 40代 男性


読み終えて、まず思ったのは「発達障がい」という病気はないのではないかということでした。
その子の身体と心に、必要な栄養が足りていないだけ。人の生き方が、この世界の理(ことわり)から乖離しているために顕在化した「歪み」なのだと感じました。
読んでいて、自分の幼少期からこれまでの人生を思い出しました。

厳しい家庭に育ち、自己肯定感の乏しい子どもだった私は、できないという事実に直面したとき、衝動的に自分を傷付けたり、激しく物に当たったりしていました。様々なことを押し付けてくる他人を信用できず、いつしか他者を理解しようとしない人間になってしまいました。

そんな私も、40歳を過ぎて人生の師に出会い、生き方が180度変わり、今では本当に幸せな日々を送っています。
以前と比べて、経済的に裕福になったわけでも、身体が健康になったわけでもありません。素晴らしい師と仲間に恵まれ、自分がいても良い場所を得ることができて、自己肯定感が高まったのだと思います。

心に余裕が生まれ、豊かになると、これまで当たり前だったことが、とても大切な、いとおしいものに感じるようになりました。
この回復プロセスは、発達障がいと呼ばれる子ども達と同じだと思いました。
かつての私のような大人が、今だけ、自分だけといった社会を作り出し、その中で「ありのまま」の子ども達が歪み、苦しむ世界を、なんとしても変えなければならないと思います。

今、私の職場でも、地域の学校でも、発達障がいが急増しています。
発達障がいは病気ではない。身体と心に必要な栄養が足りていないだけ。

今、自分のできることをやっていこうと思いました。
素晴らしい一冊をありがとうございました。