季刊『道』207号

【次号】 207号 (2021冬)

テーマ 「見えないものを見える形へ」


2021年1月21日発売

 

購入する

  巻頭対談

目に見えないエネルギーが問う
私たちが進むべき未来

漫画家 美内すずえ

VS UK実践塾代表 宇城憲治

 

  道207号 対談 美内・宇城


私が見た未来では、人類の意識が高次に進化していて

個人の所有欲がない。物欲がないので、価値観が全く違う。
社会は貨幣経済ではなく、違う価値観で動いている。

好きなことを仕事にし、みんながみんなの役に立っている。
エネルギーは空間物質の波長などを利用し、
自然と調和した精神性の豊かな社会を築き上げている。
むろん戦争などはありません。

人類が本来の霊性に気づき、この地上で生きる時、
そういう未来が現出するのだと思います。

16歳の時に高校生漫画家としてデビューしたという美内すずえさんは、老若男女に40年以上愛され続けている長編漫画『ガラスの仮面』の作者だ。幼い頃から不思議な体験を重ね、17歳の時に啓示的な夢を見て、人の心や精神を動かす目に見えない大切なものの存在を確信。人類は宇宙や自然界ともっと調和して生きるべきというメッセージを伝えたいと、1986年から『アマテラス』を描く決心をしたと言う。

対談で美内さんがご自身の神秘体験や、あらゆる生命を育ててくれているエネルギーの存在、そして未来の自分から送られたという未来図などが語られると、同じく目に見えない「気」のエネルギーの存在を、人間の潜在能力の開発という形で実証し、対立から調和の世界への移行を展開している宇城氏が、一つひとつそれらを裏付ける形で応えるなど大いに盛り上がった。まさに、新たな次元への転換期がきていることを示唆する対談となった。

  ロングインタビュー

見えないものをアートがあらわす
「縄文田んぼ」で気づく、日本人のあり方

アーティスト/ネイティブフルート奏者  真砂 秀朗

道207号 真砂秀朗 道207号 真砂秀朗 道207号 真砂秀朗

 

洞窟に住んでいて、最初に絵を発明した我々の先祖は、
みんなアーティストだし、シャーマニズムという形で開発したわけです。
その結果、自然の意識ともつながることができるところまでいっている。
だから、「なんとなく」移動するべき時や狩りのタイミングが分かる。
そうやってすべて意識の中で生きていた時代なのだと思います。

ネイティブフルート奏者であり、絵と音のアーティストとして活躍する真砂秀朗さんは、神奈川県葉山で、「冬期湛水・不耕起農法」という、冬から田に水を入れ、そのまま耕さずに春に田植えをする農法で、夫婦が食べる1年分の米を栽培している。
自ら「縄文田んぼ」と呼ぶ田んぼは、すべてがバランスをとってシンクロする世界。世界各地のネイティブカルチャーを訪ね歩き体験してきた真砂さんは、そうした自然と折り合う人々の、特に日本人にある原点の感覚を、独自の音楽や絵として表現する。それは目に見えなくとも実在のものとして感じる、アーティストならではの表現の世界だ。
今に至る真砂さんの活動の思い、「農」への思いを伺った。

 

やりたいことを、やる!
森の教室が引き出す子どもたちのエネルギー

いもいも副主宰・料理研究家  土屋 敦

道207号 土屋敦 道207号 土屋敦 道207号 土屋敦

 

僕が子どもに「こうだよ」と働きかけるのを1とすると、
同世代の子ども一人がちょっと働きかけて起こることは100くらいすごいんです。
そこはもう全く勝ち目がない。
難なくチャレンジして難なく彼らの世界を作り、難なく生き生きする。
僕なんて本当に無力ですよ。

子どもたちの「生き生き」や「輝き」を広めたいと栄光学園の数学講師・井本陽久さん(前号掲載)が始めたのが「いもいも教室」。そのプログラムの一つが、平日の昼間に開催されている「森の教室」だ。この教室を担当する講師の土屋敦さんは、井本さんと栄光学園時代の同級生で、書評家や料理研究家としても活躍してきた。
土屋さんへのインタビューに先立ち、「森の教室」に丸一日参加させてもらい、その様子を取材させていただいた。

 

  連 載

道207号 前島由美

◆ゆめの森こども園代表 前島由美
連載『愛の関わりと連携で、輝きを取り戻す子どもたち』

「お母さんの気持ちに寄り添い、連携して子どもを守る」

療育支援施設「ゆめの森こども園」で、生き辛さを抱えている子どもたちに向き合う前島由美さん。愛情いっぱいの関わりと、親御さんや学校・地域と丁寧に連携によって本来の輝きを取り戻していく子どもたちの実例を紹介していきます。

道207号 安藤誠

◆写真家・ネイチャーガイド 安藤誠 連載『日常の奇跡』

「川で哲学するキムンカムイ」

ネイチャーガイドとして自然と向き合う安藤氏。
目に見えないものを見、声なき声を聞くプロフェッショナルとして、私たちが見過ごしている「日常の奇跡」を、一瞬を切り取った写真とともに届けます。

道207号 船橋康貴

◆一般社団法人ハニーファーム代表 船橋康貴 連載『ミツバチが教えてくれること』

「しがらみを越えて軽やかに前へ」

ミツバチ絶滅の危機は人類滅亡の危機
私たちが生きていくための環境維持に欠かせないミツバチの存在を伝え、守ろうと東奔西走する船橋氏。
その活動の「今」を伝える。

道207号 佐々木隆

◆銀河浴写真家 佐々木隆 連載『私たちは銀河のなかに生きている』

「強制隔離 別れの桟橋」

生かされていることに気づけば、人生はもっと豊かになる。
銀河を舞台に生命の息吹を写しとる、佐々木隆氏の銀河浴写真。

道207号 野村哲也

◆写真家 野村哲也 連載『地球を歩く ~知られざる絶景を求めて~』

「母の夢(石垣島)」

世界に飛び出し旅するからこそ見える、日本のこと、自分自身のこと。
秘境と絶景を求めて 150ヵ国以上を旅してきた写真家 野村哲也氏の連載。

道207号 山元加津子◆作家 山元加津子 連載『ありのままの私たち』

「うれし涙は、天使がかける優しい魔法」

人と違っていても、障がいがあっても、人はみな素晴らしい力を持っている。
植物も動物も人間も、みんなでひとつの命を一緒に生きている――。
長く特別支援学校で子供たちと接してきた山元加津子さんが伝える、生きる上で大切なこと。

道207号 金澤泰子

◆金澤泰子 連載『きょうも、いい日』

「翔子の散歩 ―― 気高く、前を向いて」

ダウン症の書家として活躍し、また生活面でも独り立ちをはじめた娘、翔子さん。その成長の日々を、母金澤泰子氏が綴ります。
母娘の絆に、胸が熱くなります。

 

岩井喜代仁 連載

◆茨城ダルク代表 岩井喜代仁 連載『今日一日を生きる』

「家族会の立ち上げ 茨城ダルク家族会」

薬物依存者が社会復帰を目指すリハビリ施設として、薬物依存回復の確立した方法論を持つダルク。入寮者が回復へのレールに乗れるかどうかには、実は「家族のあり方」が大きく影響している。
ダルクをサポートする「家族会」は、入寮者家族が薬物依存症について学び実践する場であるとともに、当事者同士で悩みを共有し、支え合う場でもある。
ダルクと出合って以来、自らも薬物依存回復の道を歩みながら、一人でも多くの仲間の回復を求めて各地にダルクを開設、家族会をけん引してきた岩井喜代仁氏に、家族会の取り組みについて聞くとともに、家族会代表の手記を紹介する。

道207号 宇城憲治

◆宇城憲治 連載『気づく気づかせる』

「人間力の源泉 ― 寄り添う ―」

 最先端のエレクトロニクス技術者として、さらには企業のトップとして活躍してきた宇城憲治氏は、現在徹底した文武両道の生き様と、武術を通して得た「気」によって、人間の潜在能力の開発とその指導に専念。

現在、氏は目に見えないものを目に見える形にするために、「普遍性、再現性、客観性」の実践検証をもって「目に見えないもの」の存在を解き明かす研究を先行させている。

◆編集部コラム 『心の奥の取材ノート』

「剣道範士 森島健男先生のこと」

交わした言葉、ちょっとした仕草、振る舞い ――
今もありありと思い出す、取材で出会った人たちの思い出を綴ります。

購入する