商品詳細|書籍



「気」でよみがえる人間力

著者   宇城憲治
定価   本体2,000円+税
ISBN   978-4-904464-38-0
判型/分    A5上製 216頁
発売日  2012年6月6日発売
読者の感想
[立ち読みする]PDFで読む
[▼掲載情報]

購入する

すべて幸せに向かうことが進歩であり、成長である。
なぜならそれはエネルギーがあるということだから。
そのエネルギーをつくる元となるもの、それが「気」であり人間力です。

2011年3月の東日本大震災以降露呈した原子力発電の危うさ、毎年3万人を越す自殺者、増え続ける児童虐待の実態・・・。私たちは著しい人間力の低下により引き起こされた数々の不安の中に生きています。本書は、そんな世の中を生きていくための、新たな指針となる一冊です。

日本にとり国の歴史の根幹をなす文化であった武道には、その時代に生きた人間力のエネルギーがつまっています。
それが武術から生み出された「気」であり、そのエネルギーは、武術の技への応用という世界に限るのではなく、今最も必要とされる人間力の復活にこそ応用されるべきと、著者は語ります。

武術の究極「気」というエネルギーで、これまで3万人以上の潜在能力を発掘し変化成長へ導いてきた著者が語る、「人間力」復活のプロセスとは――。

目 次

序 章 「気」の発見によって見えてきたもの

第一章 「気」の国、日本は何処へ
     ――知識偏重と心の喪失がもたらしたもの

第二章 「気」を生み出す統一体とは
     ――人間力を引き出す絶対条件

第三章 「気」による気づく・気づかせる指導プロセス
     ―― 宇城塾の実践

第四章 人間のエネルギー源「気」
     ―― 人間に与えられた宇宙からのメッセージ

第五章 文武両道と「気」
     ―― すべては実践・行動にあり

第六章 「気」を日常に活かす
     ―― 一人革命の始まり

第七章 従来の科学の枠組みを超えた「気」の真実
     ―― 科学者への問いかけ

(1)「気」によって起こる事象
(2)「気」そのものの特徴
(まとめ)「気」は日常に活かされる調和の行動の哲学

著者プロフィール

 ◎ 宇城憲治 (うしろけんじ)

創心館空手道 範士九段
全日本剣道連盟居合道 教士七段
宇城塾総本部道場 創心館館長

1949年宮崎県生まれ。エレクトロニクス分野の技術者としてまた経営者として、ビデオ機器や衛星携帯電話の電源開発をはじめ、多くの技術開発分野で活躍。現在は、武術の究極 「気」によって人々の潜在能力の開発に専念。UK実践塾代表。宇城道塾/空手実践塾主宰

読者の声

生きるヒント、幸せになる心の作り方がたくさん本の中にありますが、自分が深さを知っていけばより真理に近づいていけると思います。本で自分が変わり、自分が成長すれば読み取る深さが増してくるような、共に生きたいと感じる本です。
愛情、真心、優しさ、厳しさ、慈しみ、思いやり、全ての気持ちがあふれているような本です。大切にします。
(神奈川 会社員 40代 男性)

何回も読み返していますが、読む度に自分自身に深さを増していくような気がします。宇城先生が仕事、空手、日常と今までにやってこられた集大成がこの一冊に込められていると感じました。宇城先生の一語一句から2つ、3つのメッセージ、警告、願い、思いがビリビリ伝わってきます。まさに今自分が生きる答えがこの本に集約されています。この本は私の人生の教科書です。
(千葉 会社員 20代 男性)

私の欲しかった答えがすべて書いてあるようで、涙が止まりませんでした。
何度も読んで、心に染み込ませたいと思います。
(大阪 教員 50代 女性)

自分にとって、一ページ一ページが自分への問いかけになる非常に内容の濃い本となりました。なぜなら、そこには否定しようのない真実や答えが記されているからです。そしてその言葉は、あらゆる事象に対して実践されてきた宇城先生の言葉であることと、ありえない程に解りやすく書かれているためストレートに自分に入ってきます。
(神奈川 自営業 40代 男性)

▼掲載情報 『致知』11月号(2012年10月1日発行 致知出版社)の書評・BOOKSに掲載されました。
『致知』11月号掲載記事

購入する