富岡西高校 (徳島県)

 

宇城先生の講座はとても感動しました。今までDVDや本などで見て本当にこんなことが起こるのかなと思ったりしていたけど、今回、宇城先生のもとに行ってやってみて、実際に起こるということを感じることができ、とても感動しました。
  統一体の説明はとても分かりやすかったし、今までのわからなかったことがたくさん理解できました。今回に説明で僕は改めて部分体でできている身体、人間なんだなということが分かりました。そういったことがたくさんわかったので、これを生かし、これからの生活意識などをしっかり考えなおしたいと思いました。
  そして、宇城先生はたくさんの検証もしてくれました。何で?どうしたらこうなるん?など、ちょっとしたことで全然違う結果になるということも分かりました。意識の違いはすごいと強く感じました。その中でも、重さの違いをおんぶで感じるのはすごかったです。ちょっと先生が「気」を通すだけで、とても重くなったり、軽くなったりしました。ビックリするくらい重くなったし、違う子が手で上から抑えているようにも感じました。そしてもう一つ自分が感動した検証はジャンプです。ジャンプの方法を変えただけで動きが速くなったり、身体が強くなるということに感動を受けました。これを野球のプレーに使うと、皆一歩目が速くなるし、バッティングがよくなるということを考えたら、明日からの練習や生活がとても楽しみになりました。
  そして、宇城先生は、今の世界の状況や、脳についても伝えてくれました。世界の状況の話を聞いていると、とても苦しくなりました。ドナーの件はとても悲しかったです。子どもの命の大切さを分かってない人がいるということにつらくなりました。脳については、意識一つで脳の働きが変わり、一つ間違えれば、認知症などになるということを聞いてびっくりしました。自分を変えるために、もっと頑張りたいと思います。
  今日教わったことを生かし、勉強と部活の両方頑張っていきたいと思いました。そして最後にはしっかり勝って甲子園に行きたいと思いました。本日はありがとうございました。    
(2年生 主将 T.I)


気というものはいったい何者なんだというぐらい驚き、衝撃を受けた一日でした。
  宇城先生は体があまり大きくないのにものすごいパワーを持っていて、腕相撲では大人数人対宇城先生という普通では勝ち目がないという状態でも勝ってしまったり、女性でもそのようなことができるということを証明してくれました。 正直、理解ができませんでした。でも、それを理解しようとしていることがいけないと思いました。
  気というものは、人間が考えるよりも速く動いていて考えて動いている人間は気で動いている人間に先を取られていて負けると思います。したがって何か指令を受けたとして、なぜそんな指令が出されたのか、なぜ僕に、など、先に頭で考えている人は、指令を受けて何も考えずにまず実行しているという人に、どんなに頭がよくても遅れているというのに気付かされました。
 気を通している人は強いし、気を通しているチームは勝つと思います。
 宇城先生は、思いやりなど心が豊かになれば気が通ると言っていました。思い返してみると、チーム内でのいじめや自分のことしか考えていない行動があり、相手のことを考える思いやりがなかったと思います。だから自分たちは公式戦になると力を発揮できず負けてしまっているのだと思いました。これから試合で勝つためにまずチーム全体が心を一つにしなければいけないと思いました。
 個人としては、謙虚ということを大切にしなければいけないと思いました。今の僕には高校入学時のような謙虚な心が薄くなってきていると思います。謙虚な心でいると体が強くなることを実感しました。常に謙虚でいるために、少し自分がおかしい行動をしているのではないかと思った時、自分自身に謙虚でいるのかを問うことが必要だと思いました。そして一人革命を起こしていきたいと思います。
 今日宇城先生に会って「気」にものすごく興味を持ちました。もっと気のことを知っていまやっている野球や学問、また将来に活かしていきたいです。
 これからの日本は気の通った人間が必要だと思います。今のままでは日本は滅んでしまうと思います。もう一度日本の文化である武術の原点に戻り、思いやりの心、謙虚な気持ち、礼儀を見直さなければいけないと思います。
(2年生 副主将 R.K)


宇城先生の「気」を今日、初めて生で感じることができ、本当にすごいと思いました。人は水と空気がなければ生きていけません。この地球からパワーをもらって私たちは生きているんだと思いました。宇城先生の教えの基本は、客観性、普遍性、再現性の3つです。宇城先生の話はまず、日本についてでした。日本は今、経済が危機的状況です。宇城先生は世界各国で教えているそうです。でも日本の私たちが一番真剣に受けるべきだと思います。カンボジアの話もしてくれました。争いが起こるとその国は滅んでしまうと。だから「調和」するということが大事なんだと言っていました。「戦わずして勝つ」や「先を取る」など、日本にはたくさん「調和の心」があったんだと思いました。
 初めのDVDの中でコペルニクスの話が出てきました。コペルニクスの地動説はなかなか認めてもらえなかったそうです。昔からある固定観念を捨てるのも大事だと思いました。今日講演の中で宇城先生がいろいろ実践的なことをやってくれました。今までDVDでいくつか見てきましたが、本人がいるとやはりすごい「気」が有るんだと思いました。嘘をつくと弱くなるというのも理に叶っていると思いました。筋力トレーニングをするより統一体体操をする方が強くなれるんだと思いました。そして正しいことをすると強くなり、それが野球にも活かされるんだと思いました。宇城先生が「気が通す」と言って、手をかざすだけで体重が重くなったり、立つことができたり、世の中にこんな人がいるんだとびっくりしました。
 人は人をけなしたり、妬ましく思ったら、アドレナリンが出て海馬が委縮するそうです。そして認知症に将来なると言っていました。でも人には妬ましく思うこともあると思います。その時に人を蹴落とすのではなく認めて調和することが大事なんだと思いました。
 最後に宇城先生から教えてもらったことを野球でも生かし、社会に出てからも活かしたいと思いました。
(2年生 副主将 K.K)


宇城先生の講演を受けて、考え方が変わりました。僕は、頭で考えて行動していましたが、それでは遅いということが分かりました。身体で考えれば、素早く行動できることが分かりました。そのためには、心と技と身体が一つになった状態、統一体を作り出す必要があります。日頃から、きちんとあいさつをしたり、次の行動を見据えて動いたり、正しい行動をすると、人間は強くなるのです。逆に、横着したり、悪いことをしたり、嘘をつくと人間は弱くなるのです。日常生活が野球に影響することが、改めて確認できました。
  筋トレをすると、体が強くなると思っていたのですが、逆に弱くなることがわかりました。しかし、宇城式ですると体が強くなるのです。人間には、見えない力があり、地球などからパワーをもらっているということも分かりました。1分1秒を大切にしなさいと言われます。しかし、1秒というのは、瞬間的に過ぎてしまうので、あまり実感がわきません。しかし、「気」は、0.2秒の間に入ります。これで、勝負が変わってくるのです。0.2秒で相手に入り、先を読むことができるのです。
 野球は、技術vs技術だけでなく、心vs心でもあることがわかりました。ウサギとカメならカメであるべきなのです。ウサギは横着し、カメは一生懸命努力をします。いくらセンスがよくても、日常生活がぐしゃぐしゃだったら、人間性は全くダメなのです。0.2秒で相手に入り、無力化する。0.2秒で人生が変わるかもしれません。宇城先生が、気を送ると、体が重くなったり、動かなかったものが、動いたりしました。これは、科学では説明できないでしょう。存在するものは存在するのです。本当に不思議でした。気を送って、宇城先生が、手を動かすと触られていないのに体が動くのです。宇城先生に講演を受けて、本当によかったです。当たり前だと思っていたことが、実は体を弱くしていたり、ちょっと違う動きをしただけで、体が強くなったり、いろいろな発見がありました。僕が見ていた世界がこんなに小さかったのかと思いました。人間の力・可能性は無限大にあり、不可能にしているのは、自分なのだと思いました。滅びるのも繁栄するもの自分自身。成長する人間になるなら、日常生活から見直し、正しいことをする。それが、全てにつながっているのです。人間は、目に見えるもの、見えないもの、全てつながっているのだということがわかりました。「事理一致」・「愛とは言葉ではなく行動である」、宇城先生の言葉も大切にしたいと思います。
(2年生 Y.I)

今日、桜井高校に着き、体育館に入った時、空気の違いを感じました。正直、DVDを何回見ても宇城先生の「気」の力が本当のものなのかどうか半信半疑でした。しかし、体育館の空気と実践していただいた授業で、気の力を体験し感動しました。まさに、「百聞は一見に如かず」の言葉がピッタリの体験でした。実際に気の力を体験してみると、立てなかった体勢から立ち上がれたり、体重が重く感じたり、目に見えない力の大きさに驚かされました。
 しかし、今日の講演で何よりも印象的だったのは宇城先生の言葉でした。
「愛は言葉ではなく、行動である」
 特にこの言葉が自分の中にすんなり入ってきて意味が理解できたと思います。考えてみれば、家族から愛の言葉がいつもいつもなくても一緒にいれば温かい気持ちになります。そしてこれも気の力なのだと思うと、本当に世界は僕の目には見えないたくさんの力が存在しているのだと感じました。また、「愛」とともに「憎しみ」という言葉も宇城先生から聞くことができました。気の力の説明の時に、人は正しい行動をすれば体が強くなるとおっしゃっていました。そして、実演が進んでいく中、相手チームの選手を憎むのと応援するのとでは違いが出てきて、やはり、争いごとや人を憎むことは正しい行為ではないのだと再確認できました。
 今日の体験を通して自分は、他者との衝突ではなく、調和を大切にしていき、常に人として正しい選択をして生きていきたいと思います。また、自分は恵まれた環境にいるということを自覚し、生活や野球を支えてくださる方々への感謝の心を忘れないようにします。そして、人とのつながりを意識して、ご先祖様や友達、家族などを大切に思える人間になることを目標としてこれからを過ごします。
 今日の体験は、自分が変わるための大切な一日になりました。本日のような機会をくださった方々や宇城先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本日は本当にありがとうございました。
(2年生 S.T)

今回の宇城先生の講座を受けて、気のことが以前よりも、もっと深く知れたと思います。いつも野球をしているときより、よく分かりました。人間は小さいときは統一体で、大人になって色々な知識がはいっていくにつれて、部分体になっていくということに驚きました。統一体は頭と体が一致していて、考えと行動が一緒です。しかし、部分体は知識などが頭に入っているため、考えてから行動するので動きが遅くなるのだと思いました。
  今回、前で宇城先生と野球部員がやっていたことで、普通のジャンプをしたあとだと、部分体なので最初が遅れて、ボールに届かないのだと思います。一方、宇城先生が言ってくれた足をつけたままジャンプをするのだと、統一体になって無意識のうちに最初の一歩がでて、速く動くことができ、ボールに届くのだと思います。練習後のダウンでしているストレッチの意味が改めてわかりました。また、無意識の大切さがわかりました。人は0.2秒までは無意識で、0.5秒たってから意識するようになると聞いて驚きました。このようなことは守備にも生かせるのだと思います。しかし、部分体から統一体から部分体に変わるのは高校の今が限度なので、気のことは大切にして、なるべく統一体でいられるようにしたいです。また、人間は地球というとても速いスピードで動いているものの中にいて、また自分の細胞のとても小さな部分まで時間を持っていることを聞いてとても驚きました。今を生きているうちにも、すべてのものが動いているのだと思いました。だから、どんな瞬間も無駄にはできないと思いました。
 また、今回したような気の体験をすると、野球で試したいと思い、その結果うまくいけば、野球がうまくなり、また楽しくなり、そうすると記憶力がよくなる成分が脳にでてきて、勉強ができるようになることをきいて、なるほどと思いました。また、あいさつをするだけで気が通ることはすごいと思いました。やはり、日常生活や勉強、野球がすべてつながっているのだということを深く実感しました。今回のような貴重な体験ができてとてもよかったです。自分でもとても、気を実感することができました。この体験を生かして、野球に取り組みたいです。
(2年生 H.I)

今日の宇城先生の話を聞いて、以前、監督から宇城先生のDVDを見せてもらったときに、実際にDVDを見て動きを真似してみたら気が通っていないとできないことが気を通すと簡単にできたのは今でも印象強く残っています。今日、宇城先生の話を実際に聞いて、人間は生まれながらにして完成形であり、「統一体」になることで本来の力が発揮されることを学びました。また、成長していくと、人間本来の力が崩壊していくことも学びました。
 そして、実際に体で体験もしました。正坐した状態でもう一人が抑えていると立てなかったのに、気が通ると簡単に立つことができて驚きました。それと、腕相撲で負けている状態から気を通すと、両手で押さえられていても簡単に持ち上げられたことも驚きました。
 また、「人は嘘をつくと弱くなる」ということも体験して、本当のことを言うと右手がビクともしなくなって、嘘を言うと簡単に右手が下がってしまうことも体験しました。
 今日の講演で最も印象に残ったのは、正坐、あぐら、体育座りの中で体育座りが最も嘘に近いレベルで右手が下がったことです。正坐は右手は下がらなかったのですが、あぐらが今まで一番悪いものだと思っていたのですが、体育座りが最も悪いことが特に驚きました。他にもDVDを見ている最中に「心豊かなれば技冴ゆる」など素晴らしい言葉もありました。また、「気」とは、目に見えるもの全てに有るもので、「理」とは目に見えないものが持っているものということも学びました。
 今回の宇城先生の話を聞いて、ぜひ富岡西高校に来ていただいて、全校生徒に聞いてもらいたいです。気を通すことで不可能を可能にすることのすごさを見てもらいたいです。
今日、宇城先生の話を聞いて、自分自身の考え方も変わりました。またもう一度講演を聞きたいと思いました。
(2年生 H.S)

 

今日の講演を聞いて「気」について改めて知ることができました。最初のDVDで目に見えない「気」が人には流れていることが分かりました。そして、地球から強力な力を得ていることにも驚きました。根を取った草と根のついた草では枯れるはやさが違うということを実際に実感できました。また、子どもの方が統一体であるということについて、三歳の子どもが大人を次々と倒していくのを見て、最初は少し疑いましたが、説明を聞いてよく分かりました。大人になっていくにつれて本来の人間の持っている能力がなくなっていくのだなと思いました。だから、僕ももう少し「気」について知ることが遅かったら部分体にだんだんなっていたかもしれません。統一体のすごさを見たので、僕も常にあのようでありたいと思いました。
 次に「先を取る」ことについて、今まで聞いたことはある言葉だったけど、意味までは知りませんでした。しかし、今日の講演で分かりました。それは、人が無意識に行動している0.2秒の世界に入り込むということでした。初めはよく分かりませんでしたが、話を聞いて野球のことにも例えたら、だんだん分かってきました。この世界に入ると相手を無力化できるということも分かり、もし身に付いたら違った野球ができるかもしれないと思いました。
  また、次に実際に体験する話を聞きました。それは正座をしてから立つということで、普通に座れば上から抑えられているため立ち上がれませんでしたが、座るのは次に立つためだと思うだけで立つことができました。他にも、質問に対して正しい答えを言うと腕を押されても強くて、嘘を言うと弱くなりました。このことから、嘘つきの人の体はだんだん弱くなっていくことが分かりました。嘘はいけないと小さいときから教えられてきましたが、その意味が分かったような気がしました。ジャンプの仕方や腕立ての仕方も宇城先生の方式にすると、野球をするにあたって必要な能力が今よりも上がると思いました。こういったことだけでなく、社会的に良いことをしたりポジティブに考えるだけでも体は変わると思いました。
 そして、普段の行動などによる話の時に正坐が一番良いということを教えてもらいました。僕は人の話を聞くときは体育座りが失礼でないと思っていましたが、体育座りよりもあぐらの方が良いということを聞いた時は驚きました。また、箸を使うことも当たり前と思っていましたが、良いということを知り、すごく感心しました。
  今日の講演では本当に驚くことばかりでした。今まで思ってきたこととは違ったりしてすごく勉強になりました。「先を取る」など、今日学んだことをぜひ野球や普段の生活に取り入れていこうと思いました。また、野球をやらせてもらっていることに対する感謝の気持ちも大切にしようと思いました。そして、これからの日本が良くなるように僕たちも自覚を持って行動しなければならないと思いました。今日は本当に良い経験になりました。
(2年生 T.S)

 

「愛の反対は憎しみではなく無関心」という言葉は今回の講演ですごく心に響いた言葉です。人と関わるということは幸せなことで、関わりが無くなると憎しみ以上に辛いということがわかりました。だから、あいさつや会話を自分から積極的に話したいと思います。自分は自分の意志を上手く伝えられないので、はっきりと言えるように意識していきたいと思います。他に宇城先生は「ポジティブ」と「ネガティブ」についておっしゃっていました。ネガティブ、つまり横着をするとアドレナリンが出て、海馬がやられて、希望や夢がなくなるといっていました。監督がいつもおっしゃっているように横着はだめだということが改めて確信できました。宇城先生は「ポジティブは謙虚」だとおっしゃっていました。日々謙虚に過ごして希望や夢を大きく持てるような人になりたいと思います。
  今回の講演で一番好きになったのは、「地球は重力で引きつけ、磁石は磁力で引きつけ、人は魅力で引きつける」という言葉です。この言葉を聞いたとき鳥肌が立ったのを覚えています。魅力が無ければ人は寄ってきません。人がよってこなければ、最初に言ったように幸せにはなれません。だから自分の魅力を磨いてその魅力を伝えていきたいです。そして、他の人の魅力もしっかり見つけて相手を調和したいです。これは、自分のためにもなるし相手のためにもなりたいと思います。今回の講演で学んだことを納得しただけで終わらずに、実践して、さらに考えて深めて自分の栄養に変えていきたいです。今回の鳥肌が立って感動したような体験を富岡西の生徒にもぜひ聞いてもらって、感動して、学校が変わればいいと思います。
(2年生 S.N)

講義を受ける前から、「気」について監督に実践例を聞いていたけど、宇城先生の話を聞いて「気」の存在をとても身近に感じました。桜井高校に着いて桜井高校の選手が案内してくれるとき、とてもきびきびと明るく接していただいてとてもいい印象を受けました。また、講演の最中も白ボードを移動させたり、カーテンを開けたりしていて気配りができていました。
 宇城先生はまず最初にボードとDVDを使って「気」について説明してくれました。人は生まれながらに完成形で「統一体」となっていることや、ネガティブな要素は脳の海馬に悪影響を与えて希望や夢が持てなくなったりすることを教えていただきました。また、「気」に関連する言葉で「心豊かなれば、技冴ゆる」や「事理一致」という言葉があることの存在と意味を教えてくれました。これらの言葉の真意証明するためのアクションで、嘘をついていない時とついている時の体の強さの実験をしました。嘘をついていない時は、上から腕を押さえられてもさがらなかったのに、嘘をついた時は簡単に下がりました。心の状態が自分のパフォーマンスを左右し、嘘や横着をかましていると体が弱くなりケガにつながるのだと実感しました。また、「気」は一人の人間だけでなく周囲の人達に対しても力が働くことを実証してくれました。二人一組でおんぶして最初普通に歩いた時は全然重たくなく動き回れるけど、宇城先生が気を放っている空間に行くと上に乗っている人がとても重く感じました。これにはとてもびっくりしました。直接触れていないのに周りの人達に同時に影響を与えることに改めて気のすごさを知りました。
  いろいろ教えていただいた中で特に心に残っていることは「先を取る」ということです。「先を取る」ということは「時間を先取り」するということにより相手を無力化することができます。人間は行動し始めてからそれを認識するまでに0.2秒から0.5秒の間があります。この間を制することで相手より有利に立てることがわかりました。試合でも先手を打つことでスムーズに有利な試合展開に持っていけると思いました。また受験も先に手を打つことで成功につながると思います。何ごとも先を見据えて行動し、心豊かに生きることが自分のためにも、周囲のためにも良いのだと思いました。
(2年生 H.K)

 

「人間の体の中には気が存在する」僕は今まで「気」という存在を信じていませんでした。しかし、合宿中に監督がしてくださった実験や今日の講演で「気」という存在のすごさを改めて痛感しました。
  まず、座って立つという実験をしました。座るというのは次に立つためだと意識すると人間はすごい力を発揮することが分かりました。また、座り方も今までは体育座りがいい座り方だと思っていましたが、実際に体育座りをすると体は弱くなっていました。人間の社会脳はそういうことまで判断できるので、人間の体は嘘がつけないのだと思いました。次に、野球面での実験では、腕立て伏せをするより宇城式体操をする方が体が強くなり、ジャンプの仕方も変えると動きが速くなり、体も強くなりました。このような実験結果から野球の新しい世界が見えてきました。今まで腕立て伏せをすると、力がつき、ジャンプをすると動きが速くなると思っていた僕の常識が大きく変わりました。打席に立つときは試してみたいと思いました。また、先を取るということが大事なので、打席ではそういうところにも注意して、勝負をする前に勝てるようにしたいです。 
  そして、宇城先生のおっしゃっていた言葉の中で謙虚になるとポジティブになり、そうすると夢や希望が大きくなるので、そういう人間になっていきたいです。また、横着をするとネガティブになり、アドレナリンが出て海馬を刺激し、未来予知能力がなくなり、夢や希望を失って認知症になるということも初めて分かりました。だから、人間の心と身体はつながっているんだと思います。僕はたまに横着をしてしまうので、自分に厳しく、自分に勝ちたいと思います。さまざまな実験をすることで、野球に対する考え方も姿勢も大きく変わってきました。宇城先生曰く「地球は重力、磁石は磁力、人は魅力」ということなので、地球と一体になって人を引きつけられる人間になりたいです。今日の講演を無駄にせず、しっかり吸収して整理して、栄養にしていき、一回りも二回りも大きく成長したいです。すばらしい経験ができたと心から思います。気は目には見えないすごい力だと本当に思いました。
  桜井高校野球部員は、よく動いていて、さわやかな挨拶もできていました。また、カーテンを開けたり閉めたりする係の人は講演中ずっときれいな姿勢で座っていました。そういうところも見習って明日の少年野球教室は目配り気配りをしっかりしたいです。
(2年生 H.M)

今回、この講演会での宇城先生のお話を聞いて、また実際に見て、体験して多くのことを感じることができました。謙虚にいれば体は強いが、横着をしていると体が弱くなる。正しいことを考えれば強くなったり、間違ったことを考えると弱くなったりして、今まで感じたことのなかった力が、「気」の力が本当にあると思い、驚きました。宇城先生は野球にたとえても説明してくださいました。普通にジャンプをした後に速いボールを追いかけてもボールを投げる人が投げてから動くので一歩目が遅くなるが、つま先をつけてジャンプすると無意識のうちに、普通のジャンプの時よりも速く動くことができていました。それに筋力トレーニングは体を弱くするということが分かりました。
  僕は宇城先生の話を聞くまでは、筋トレは体を鍛え大きくし、強くするものだと思っていましたが、逆に体を弱くしていることを実際に前でやっていただき、そして自分達で実際に確かめることで確認することができました。 また、宇城先生の講演会の中で一番驚いたのは、「見る力」「相手のことを想う力」です。見守る、相手のことを想うだけで、その想った人は強くなりました。これを野球に生かしてベンチやグランド内での声掛けなどを大切にしていきたいと思いました。また「気」の力で、人の体の重さが重くなったり軽くなったりするのにも驚きました。それから、日本に古くから伝わっている作法が大切なものだということも改めて思いました。日常で行う挨拶や礼儀の中に潜む不思議な力についても知ることができました。
 宇城先生からは短い時間だったのですが、多くのことを学ぶことができました。謙虚な行動は自分も相手にも良い影響を与えますが、横着をすると周りにも悪影響を与えます。頭で考えて行動するとその分遅くなるし、その時の体は弱い。他にもいろいろあったけれど、このような宇城先生の話を聞いて今までの生活を見直していくとともに、この講演で学んだことを生かしてこれから成長していけたらいいなと思いました。
(2年生 T.K)

宇城先生の学校実践講演会に参加してみていろんな発見がありました。それに実際に自分の体で体験できて違いもよく分かってとてもいい経験になりました。
  まず、人は統一体でないと強くならないということが分かりました。筋トレ(腕立て)をした後に手を押されると弱く、宇城先生の体操をすると強くなるというのは体験してみてどうしてだろうと思いました。すると筋トレは部分体だから弱いというのを聞いて筋トレばかりしても強くないんだと思いました。これは勉強にもつながっていて勉強ばっかりするのも筋トレと同じだということをおっしゃっていたので、そうならないようにしていきたいと思いました。
  次に正しい行動をすると強くなるということが分かりました。簡単な問題の答えを間違えるのと間違えないのではとても違いがわかったし、お箸の持ち方だけでも間違っていると弱かったので驚きました。それに、宇城先生は「ポジティブは謙虚、ネガティブは横着」と言えるとおっしゃっていました。これも実際に体験することができたのでそうだと思いました。「お先にどうぞ」と言って動き出すのと「俺が先や」と言って動き出すというだけでも違いが分かったし、「お先にどうぞ」というのは日本人らしいとも思いました。
  次に相手のことをよく思うと強くなるということが分かったし、野球にも必要なものだと思いました。これは前での実戦だけだったけど、「捕ってくれよ」と思うとすごく動けていたし、「下手やなあ」などと思うと動かなかったので、同じチームで信じ合うことが大切なことだと思いました。見ている人が「エラーせえ」などと思っても動けて、「上手やなあ」と思っても動けて、どちらでも動けるんだとよく分かりました。人の相手を思う気持ちというのは通じていると思ったし、見えない力も働くんだと思いました。 
  今日は普段なかなかできないことができたし、これからの生活の中の考え方も変わってくるんじゃないかと思いました。今日の体験を生かして野球も強くなれるようがんばっていきたいと思いました。
(2年生 H. S)

 

僕が今日の宇城先生の講演会を聞いて思ったことは、今まで「気」のことについては監督からいろいろ聞いていて、宇城先生がやっていたものの一部を体験させてもらっていました。でも、すごいなと思ったりするだけで、本当に気の力なのかという疑問を持ち、ずっと半信半疑でした。でも、今回奈良の桜井高校へ行き、宇城先生の講会で体験して、これは気によって起こっているものなんだな、すごいなと思いました。特に印象に残ったのは、人に気の力を送って乗っている人を軽くするのと、エレベーターの話です。人に気の力を送って乗っている人を軽くする体験ではこんなことが起こるんだなと思うくらい違いがあり、すごかったです。軽くするのも重くするのもでき、こんな世界があるんだなと思いました。エレベーターの話では降りるときに「お先にどうぞ」と相手のことを考えるのと「俺が先じゃ」と自分のことを考えて降りるのでは気の通りが違うというのもすごかったです。自分のことだけ考えていると全く動けなかったのが、相手のことを考えると簡単に動けてしまうのはすごかったです。自分のことだけでなく人のことを考えるというのはとても大切だと今まで以上に思いました。
  そのほかに宇城先生の言葉で「愛の反対は憎しみではなく無関心である」という言葉を聞いて本当にそうなんだろうなと思いました。僕はほとんどのことに無関心で興味を持とうとせずにいるので、あまり人の愛とかを感じられていないのかなとこの言葉を聞いて思いました。これからはいろんなものに関心を持てるように努力していきたいです。
  この講演を聞いて今の自分を変えていき、社会で役に立ち、大人になってからしっかりと次の世代の子供、またその次の世代の子供をいい人間、いいヒトとして育てられるような、次の世代のために犠牲になれるような大人になりたいです。これからなれるようにがんばります。今日の講演を体験してすごくよかったです。
(2年生 R.N)

 

僕は「気」という宇城先生の講演を聞いてすごく不思議な気持ちになりました。そんなマンガのような「気」というものは本当に存在するのかと、最初は少し疑っていましたが、この講演を聞いてその疑いはすべてなくなりました。それは、自分も目の前でその「気の力」を見た人の一人になったからです。20人くらいと宇城先生が腕相撲をして軽々と勝ちました。その様子は本当にマンガの世界にいるのではないかというくらいすごかったです。こんなすごい先生が僕に教えてくれたことはたくさんありました。
  一つは「愛とは言葉ではなく行動である」という言葉です。それは僕にとってすごく深い言葉で胸に突き刺さりました。この言葉を聞くまでの僕はいつも、口では「ありがとう」と感謝していても、行動で感謝を示したことがあったかなあと思ったからです。自分の親がたまに送り迎えしてくれた時も口では「ありがとう、行ってきます」と感謝しているのに、行動の方では「帰りは○○時にここで待っとるけん」と言われても、その約束が守れなくて親を待たせていることがあります。だから、これからはこの言葉を胸に刻んで行動していきます。
 もうひとつは、人の先を行くということです。それはとても難しいことと思います。でも、できないことでもないと思います。宇城先生がおっしゃっていた気の力を意識すれば自分でもできると思います。そのおっしゃっていたことは「頭で動くのでは遅い、人の先を行くかどうかは0.2秒で決まる。だから、いつも生活からポジティブに考え、そして礼儀正しくしていくことが大事」ということだったので、それは僕が毎日そのことを意識していたら簡単にできることなので、継続させてこの日本を救えるような人になりたいです。僕はこの講演で他にももっとたくさんのことを学ばせてもらいました。これから生きていくうえでこの講演を聞く前の自分よりは少し強い人間になれたと思います。これからもこの経験を一生忘れずに大事に心にとどめておきたいと思います。この講演に参加できて本当によかったです。
(2年生 K.M)

地球には理と気があり、理は目に見えることであり、、気は目に見えないものであることを知りました。気で人間はいろいろな力を発揮することがわかりました。礼をきちんとすると体が強くなり、嘘をつくと体が弱くなるなど、いろんなことを学ぶことができました。
 生まれたときから人間は完成形の統一体であり、それを自ら統一体を部分体に変えていっているのを知りました。0秒から0.5秒までが無意識のままで反応していて、0.5秒以上過ぎると体が反応することが分かり、0秒から0.5秒までの時間を有効に使うことができたら、できなかったことができるようになることを知り、また、謙虚な心を持つとポジティブになり、横着な心を持つとネガティブになることが分かりました。
  統一体になるには、無意識のままで謙虚な心を持つと統一体に近づけると思います。また、規則正しい生活を送ると体が強くなると思います。
 体験では気を送るだけで不可能なことが可能になり、気を止めるとできていたことができなくなる、不思議な感覚を体験できました。正しいことを言うと体が強くなり、嘘をつくと体が弱くなることも体験しました。また、正座とあぐらは腕を出して押しても体を押されても強いことが分かり、体育座りは腕を出して押したら強いが、体を押されたら弱くなることを知りました。謙虚な行動は体を強くするが、自分勝手な行動は体を弱くなることを体験しました。普通のジャンプをすると体が弱くなり、速いゴロが捕れなくなる。しかし、かかとを上げ下げしてからジャンプをすると体が強くなり、速いゴロが捕れるようになることを知りました。
 もし気を上手く利用できたら、ピッチングやバッティングが上達して、試合でピンチの時になっても抑えれたり、チャンスになったら打てたりして試合に勝てるようになり、それが一個でも多く続くと、楽しい野球ができる気がしました。
(1年生 Y.F)

1月12日(土)に桜井高校へ行って宇城憲治先生の講演会を聞きに行きました。宇城先生の授業を受けに行く前に学校でDVDを見ました。僕は最初DVDを見たときはすごいと思ったけど本当にこんな事が出来るのかと疑っていました。でも実際に身体を動かしてみるとあいさつをするだけで簡単に押せたり、取っ組み合いをしている時に頑張れと思いながら片方の人を見ていると勝てたりと気というものは本当にあるんだなと思ました。体の前に手を伸ばして計算の答えを言った時本当の事を言った時は強くなり、嘘の事を言えば弱くなりました。だから日頃、嘘をついたり人の悪口を言ったりしている人は体が弱いんだろうなと思いました。今回宇城先生の講演を聞いて一番印象に残っているのは頭で考えてから命令を出して動くと0.5秒の時間がかかるということです。守備をしている時、打球が飛んできて、取りに行こうと頭で考えて取りに行くと遅く追いつくことができないです。だから、逆に考えると頭で考える前に体が動きだせばボールに追いつくことができるということです。宇城先生に教えてもらったジャンプをしてみると動き出しが明らかに速くなっていたのですごいと思いました。練習中にまた実践してみようと思います。宇城先生の講演はあり得ないような事ばかり起きて不思議な感じでした。こんな体験はめったにできないと思うので受ける事ができて良かったです。あいさつにこんな力があるという事も知らなかったので、これからはもっときっちりあいさつをしていこうと思います。今回教えてもらった事を野球の試合にも生かせていけるようにどんどん試してみようと思います。
(1年生 K.S)

今回の宇城先生の講演を聞いて、僕は気について実際に体験し、より深く学ぶことができました。初めのDVDを見て学んだことは、この世の中には理と気があって、理は目に見えるが、気は目に見えない存在であるということです。今日はその気を自分の体で体験できました。前にDVDで見て、何度か実際にやってみましたが、何度やっても成功していました。僕は最初、DVDで幼児が大人を何人も倒したり、絶対に無理だろうと思われるようなことをしたりするのは、やらせだろうなあと思っていました。しかし今日、目の前で人一人が五人ぐらいの大人の男に勝ったのを見て、感心するしかありませんでした。さらに女性が勝ったのも目の前で見ました。現実では絶対に無理だろうと思いますが、なぜかそれができてしまう、まさに不可能を可能にする力でした。この気の力を使ってできることが、部分体を統一体にするということで、人間は生まれたときから完全体で統一体でもあります。しかし、成長の過程でだんだんと部分体になってしまうということをDVDで見ました。できるだけ統一体でいられた方がパフォーマンスが安定すると思うので、今日学んだことを生かして、全てにおいてレベルアップできるようにしたいと思います。今までやってきた普通の筋トレは弱く、強かった宇城式体操を自主トレで取り入れたいと思います。 今日はほんとうに、いろいろなことが学べました。宇城先生には、お忙しいと思いますが、ぜひ、僕たちの学校にきて講演をしていただきたいです。
(1年生 R.I)

僕はDVDを見たときは、こんなことあり得るはずがないと思いました。これは僕だけではなく、ほとんど全ての人がそう思っていたはずです。でも実際にやってみると、驚きました。 「1+1=」と尋ねられて「2」と答えると体は強くなり、「1+1=」と尋ねられて偽りの答えを言うと体は弱くなりました。やっぱり嘘を言うと心のどこかで余計なことを考えて集中できないと思いました。  先を取ると勝てると言っていました。しかし、先を取るのはとても難しいと思います。先を取るには頭で考えて行動するのではなく、統一体でいることだと言っていました。そして無力化できると言っていました。すごいと思いました。もっともっと話を聞いてみたいです。
 これから野球で試してみたいこともいっぱいできました。つま先をつけて体を上下揺らして打球を受けると、普段より反応が素早くなるとか、言い球が投げれるとか、試したいことがたくさんあります。
 今日聞いたことは自分にとってすごい刺激になりましたし、いい勉強になりました。夜になった今でも興奮が冷めないくらいです。学校に来て講演をしてもらいたいです。クラスメートの驚く顔を見るのが楽しみです。話を聞いて一番大切なものは心だと思います。しっかり心を鍛えたいです。日本にこんなすごい方がいるんだとびっくりしました。本日はありがとうございました。
(1年生 R.U)

宇城先生の講演を体験して、気の力は本当にすごいと実感しました。力は考え方によっても変わったり、力んでも上手く力が入らないことがわかりました。おもいっきり力を入れなくても力が伝わることも実感できました。力の入れ方は気持ちや考え方によって、強く入るのだと感じました。それから、おんぶをしたときも急に重くなったりすることを感じることができました。そして、日本人が昔からやってきた、あぐらや正座なども意味があってしていると聞き、凄いなあと思いました。しかし、その昔の日本のすばらしい文化がだんだん薄れてきていることに、今の世の中は悪い方向に向かっているのかなとも思います。それから、姿勢なんかでも力の強さが変わったりするので、姿勢を正しく保ったりすることは大切なんだと思いました。
 気の力を野球にもっと生かしていきたいと思いました。例えば、ピッチングやバッティングでも、力まず力の入れ方を考えてプレーしていきたいと思います。そして、先が読めて、反応良く動ける選手になりたいです。反応が良くなることは、守備範囲が広くなるし、捕れなかったような打球が捕れるようになるので重要だと思います。また、バッティングでも反応が良くなると早いボールに対応できたり、余裕ができてくると思います。このように気の力は野球でのプレーの幅が広がると思います。  今回、宇城先生の講演を聞いて、本当にためになることばかりでした。これから、このことを野球に生かしていきたいと思います。そして、気の流せるプレーヤーになりたいと思います。
(1年生 R.S)

僕は、今回の体験で気の力はすごいなと思いました。しかし、最初は裏で何か仕組んでいるんじゃないかと思っていました。でも、体験してみると本当にそうなったので驚きました。宇城先生の講演では本当にやって見せて、誰がやっても同じ、また自分達も体験することができるという全く新しいものだったので本当にすごいなと思いました。まず、初めにやった嘘を言ったときと本当のことをいった場合とで体の力が変化するというのは本当におもしろかったです。実際にやってみると、なぜか嘘を言ったときだけ腕が下がってしまったのでとても不思議でした。そして、座ることは次に立つことにつながっているという意識で座った場合と、座るだけという意識だけで座ったといきとでは力が全く違うというのを体験して、本当にそうなったので、つながりを意識することは大切なんだなと思いました。また、時間の先取りをして行動することによって人間の持っている能力が上がるということがわかりました。また脳と体の間には0.2秒の差があるというのはおもしろいなと思いました。行こうとして行くのではなく、行きたいと思って行くことでそのわずかな時間を制することができるというのはとてもおもしろかったです。
 特に印象に残ったことは、腕相撲をしていて、先生に気を送られてするとすぐに思いもよらない力が出て相手を倒すことができたことと、先生が一人で何人もの大人を腕相撲で倒しているところです。見ていて本当にすごいと思いました。また気に興味を持つことができました。僕はこのことを色々なことに取り入れると、色々なことがうまくいくのではないかなと思います。先生の講演を受けて気に対する向き合い方が変わりました。これからも先生に習ったことを生活に取り入れて、今までよりももっと頑張っていきたいと思いました。また、すごいことを知ることができて本当に良かったです。先生の講義を受けることができて本当に良かったです。
(1年生 R.U)

この日の体験で「気」という見えない力は本当に存在するということが分かりました。正直、この体験をするまでは「気」の力があるということをあまり信じていませんでした。しかし、この日体験した、おんぶした人間が重く感じたり、軽く感じたりすること、嘘をつくと体が弱くなるなどといった体験から「気」の力は本当に存在するのだと改めて実感しました。  また、横着していると次の行動に移すのが遅いということも分かりました。それは座っていて上から押さえつけられているときに立ち上がろうとする動作で分かりました。ただ座っているだけだと上から押さえつけられているので立てませんでしたが、座ることは次に立つための動作ということを意識して座ると立つことができました。
 僕が一番印象に残った体験は前に呼び出されて全員の前でやった、腕を捕まれて謙虚な気持ちの時と自分勝手な気持ちの時とでは、どちらが動きやすいかという体験です。この日やったのは、エレベーターに乗るとき、相手に「先に乗ってください」という謙虚な気持ちと「自分が先に乗る」という自分勝手な気持ちの時を比較するというのをやりました。すると、明らかに相手に「先に乗ってください」という謙虚な気持ちになった方が体が強くなり、自然と動きました。逆に「自分が先に乗る」という自分勝手な気持ちになると全く動きませんでした。このことから人間は謙虚になった方が強くなると思うので、野球の練習や普段の生活でも横着をかまさず、謙虚な気持ちでやっていきたいと思いました。
 この日の体験は練習や試合、また、普段の生活でも多く活用できると思うので、これから「気」の力をもっと利用して自分の潜在能力を引き出していきたいです。そして試合で最高のパフォーマンスができるようにこれからの練習で取り入れていきたいです。
(1年生 K.M)

まず初めに宇城先生の気についてのDVDを勉強として見ました。統一体のことやいろいろなことを見ました。そしてDVDでやっていることは、実物を見ているんじゃないので正直やらせだと思ってしまっていました。宇城先生が指一本触れていないで気の力だけで人が倒れたりしているところは一番信じがたかったです。そして講演が始まりました。宇城先生は気についてホワイトボードに書いて説明してくれて非常に分かりやすかったです。エレベーターで自分が先に乗ろうとしている時と他の人に譲ってからの方が体が強くなるのには驚きました。他にも、腕立て伏せは、力が強くなると普通は思いますが、実際は弱くなっていて宇城先生風の腕立てはすごく楽なのに体が強くなりました。それにもすごく驚きました。そして次は、野球の動きで実践してくれました。投手は普通リリースのときに腕をもたれると投げれませんが、宇城先生のジャンプをすると腕をもたれても持っている人ごと腕をふることが出来て驚きました。そして予定したことが終わり、宇城先生が特別に僕たちの目の前でいろいろなことをやってくれました。4人の大人の人が手を押さえつけてそれを腕相撲で倒していくというものでした。普通は絶対無理なんですが宇城先生が気を入れると簡単に倒すことが出来るようになりました。これは僕も実際にやってもらって違いがわかり、すごく驚きました。それより驚いたのは宇城先生は指一本も触れずに気の力だけで人を倒したことでした。DVDのときは全く信じていなかったんですが、目の前で見せられたことによって確信に変わりました。そして予定を全部終えて興奮冷めぬまま帰ってきました。これを機にこの宇城先生の気を入れる方法で体を強くしてこれから生活していきたいと思いました。
(1年生 S.O)

今日の講演を聞くまでは「気」の意味が全く分かりませんでした。「気」の存在もあまり信じていませんでした。昨晩合宿中にいろいろな「気」の力を体感していましたが、なぜこのようなことが起こるのかと不思議に思っていました。だからどうしても「気」について詳しく知りたかったです。「気」の存在とは何か?「気」についてその時初めて関心が湧きました。最初DVDを見て「気」のことを詳しく知りました。しかし「気」を肌で感じることが大事ということも学びました。僕は一番前にすわっていたので、いろいろな体験をしました。嘘をつくと人間は力が弱くなるということは、怒られたときでも言い訳をせず、嘘もつかずに怒られることが自分のためにもなっていくということだと思いました。怒るのはあまり良くないことも講演で学びました。怒ったり暴力を振るったりすると相手にもよくないし、自分にもよくないことだと分かりました。だから自分は「気」を上手くコントロールすることが大事だと思いました。普通のジャンプとゆっくり跳ねながら徐々にジャンプしていく体操をやっても全然力の入り方が違いました。根性や気合いでも力の入り方は弱かったです。だから打席に入る前に宇城先生から教わったジャンプ、腕立て伏せをやってから打席に入ろうと思います。そしてすぐにその結果を出せるようにがんばりたいと思います。みんなが目指す方向が一緒ならば一致団結でみんなの気が一つに集中して、目指す目標にも届くと思います。だから野球部みんなでの目標を作り、みんながその目標に向かっていくと、気の力が野球でのパフォーマンスに表れてくると思います。一人がそっぽを向いてこんなチームで甲子園なんか行けるはずがないとか思うと、気の力は私たちに力を与えてくれません。だからチームの誰一人がかけてもいけないし、目指す目標から目をそらしてはいけません。そのようなことをこの講演で学びました。最初は前に出たときは緊張しました。だけど「気」というものに自分の心が引かれていました。だから「気」ということについていろいろ知れてよかったです。また宇城先生の講演が聞きたいです。
(1年生 K.O)

僕は今日の宇城先生による実践講演会に参加して、とてもよいお話を聞かせていただきました。まず最初に「気」についてのDVDを見ていろんな事が分かりました。例えば、気は生まれながら持っていて、生まれたときから完成形であるということです。そして小さな子どもであっても気を通せば大人にも負けない力が働くということです。  その後、宇城先生から直接お話があります。まず、気の説明をしてくれて、体のつくりには統一体と部分体があり、統一体は全体が統合してつくられる体で身体に気が流れやすいということです。一方、部分体とは部分部分を集めた集合体であり、体に気が流れにくいということです。また身体を統一体にするには高校生まで制限リミットであるということも分かりました。そしてそれから実際に気の体験もしました。嘘をつくと体が弱くなったり、気を通すとそれまでできなかった行動ができるようになったりしました。またいつもしている普通のジャンプや腕立て伏せより宇城先生独特のジャンプのほうが力が強いということも分かりました。そしてポジティブな人は謙虚であり、ネガティブな人は横着をするということもお教えいただきました。
 また、宇城先生は武術稽古などは力と力で勝負するのではなく、相手を無力化し、相手の脳と意識をシャットダウンするということも言っていました。そしてその証明を実際に目で見て体感してみて、改めてそのすごさが分かりました。  改めて今日の宇城先生の講演会に参加できて良かったと思いました。宇城先生のお話で僕が一番大事だなと思ったのは「相手と調和する」ということです。心と心が通じ合えば、普段できないこともできるようになります。このことは野球でも活かされてくると思います。チーム内で人のことを悪く言う人がいればチームの和が乱れるだけでなく、実際のプレーにも影響が出てくることが分かりました。それを逆手に取ればチームの和も乱れず、自分の最大限の能力を引き出せるということだと思います。また、その他の面ではキャッチャーが座るときにゆっくり座るのと、次に立つんだという気持ちで座るのでは立つときの力強さが全然違うということも体感しました。  最後に今日はすごく貴重な一日でした。「気」は野球に限らず全てのスポーツでも活かされると思うので、ぜひ他の人にも紹介したいです。
(1年生 S.F)

今日奈良の桜井高校で宇城先生の「気」についての講演を聞いて一番印象に残ったことは「気」を通すことによって「先を取る」ことができるということです。これについては、僕たちはその場所で他の人がしているのを見ているだけだったんですが、普通にジャンプしてからボールを取りに行くのと、宇城先生から教えてもらったやり方でジャンプをしてからボールを取りに行くのとでは全然違っていました。宇城先生が教えてくれたやり方でのジャンプの時は宇城先生がボールを投げるよりも前にスタートできていました。これは野球の守備などに使えると思います。先を取ることができればバッターがどこに打ってきそうなのかを瞬時に察知できたり、バッティング面でもピッチャーが何を投げてくるのかを察知できたりするのではないかと思いました。このように、野球に活かしていくことができればもっと野球がおもしろくなってくると思います。野球がおもしろくなれば、個人の技術も向上してチーム力も上がり、もっと高いレベルで野球をすることができるのではないかと思いました。他に僕が一番心に残っていることは「事理一致」です。人間として正しくないことをしたら体が弱くなる、その人が正しいことをしたかどうかはすべて体が教えてくれるということで、監督が 「しょうもないことしていたら、野球は上手くならない。」 この言葉の意味を改めて理解できたとともに日常生活の態度と野球は繋がっているということを強く感じました。正しいことをするか横着をするかで歴然とした違いが体に表れることが確認できたと思います。だから、これからは常に謙虚な姿で生活して、人間的にも強くなっていくと同時に体も強くして、長い間野球がケガなくベストプレーを常に出せるように意識の変革をしていって、社会でも通用するようにしたいです。そうすることで宇城先生が言ったように、海馬が発達して学習面でも良い結果が出てくるので、より野球に安心して打ち込めるようになると思います。今日は非常に充実した時間でした。
(1年生 Y.Y)

監督が今までに見せてくれた気の力はすごいと思っていたけど、今日の講演でさらにすごいと思いました。練習の最後のストレッチで気を通していますが、その意味も分かり、他にもこれからやっていこうと思ったこともできました。
 初めにDVDを見て「気と理」や「統一体と部分体」などの言葉が出て「少し難しいな」と思いました。でも見ているうちにだんだん意味が分かってきて楽しくなってきました。そして「常に統一体でいられるにはどうしたらいいか」という疑問が自分の中でできました。自分は、日頃から驕らず周りの人に心から感謝すればなれるのではないかと思いましたが、答えはこれからじっくりと見つけていきたいと思いました。
 実際に宇城先生が気を通すと体が強くなるという例をしてくれたときに、自分もやってみて本当に強くなったので、野球の全てのプレーに活かせられると思いました。打席に立つ前や守備の前に体を強くする動きを初めは意識しながらですが、だんだん無意識のうちに体が強くなれるようにしたいです。そしてチームメイトを心から応援し、チーム全員のパフォーマンスがよくなり、チームがどんどん勝っていけるようなチームにしたいと思います。最後の5,6人の大人と宇城先生との腕相撲には衝撃を受けました。大柳戸や桜井高校のマネージャーさんでさえ一人で複数の大人に勝ってました。あまり見えなかったので仕組みがよくわかりませんでした。だからもっと体が強くなる方法が知りたいです。
 今回、徳島から奈良へ行って講演に参加できて本当によかったです。これを機にチームの状態が上向きになると思います。まだまだ宇城先生の話が聞きたいです。だからぜひ富岡西高校にも来てほしいです。宇城先生の本やDVDを見ることができたら見たいです。今日は宇城先生、本当にありがとうございました。
(1年生 J.N)

今回、宇城憲治先生の学校実践講習会に参加できて、とてもうれしく思います。前に学校でDVDを見て実践したときに力が強くなったりしていたので、とても不思議に思っていました。今回の講演で理にかなったことを行うと気が通り、力が強くなりました。それとは逆に嘘をついたり横着をしたりすると、気が通らず、力が弱くなることが分かりました。 実際に自分たちがいろいろな体験をして一番驚いたのは、嘘をついたら腕に力が入らないというものです。「1+1」の計算でも本当の答えを言うと力が強く動きませんが、嘘の答えを言うと力が入らず、簡単に動かすことができました。
  他にも力をつけるためにしていた筋トレも、力が入らず簡単に動いてしまうことが分かり、とても驚きました。  もう一つ驚いたことがあります。それは座り方です。正座、体育座り、あぐらの3つのうち、僕は正座と体育座りは良い座り方で、あぐらは悪い座り方だと思っていました。しかし、講演でわかったのは、正座はよい座り方であっていたけど、体育座りよりあぐらの方がいいと分かりました。体育座りは横から押されるとすぐに倒れてしまい、どうすることもできないからだと分かりました。
 このように人は理にかなった正しいことをすると気が通り、体が強くなります。しかし、逆に理にかなっていない正しくないことをすると気は通らず、体が弱くなることが分かりました。これは野球にも使えると宇城先生は言っていたので、練習や試合に時に、今日習ったことを使って、自分を強くしていきたいと思います。それと、日頃からきちんとした挨拶などをしていると強くなってくると言っていたので、日常の生活から自分が強くなるようにしていきたいと思います。
(1年生 T.O)

今日、奈良県の桜井高校で宇城先生の話を聞いたり、色々な事を体験したりしました。宇城先生は、海外のさまざまな地域に行くと言って、とても多忙なのに僕たちのためにお話くださりたいへんありがたいなと思いました。
  まず、初めにDVDを見ました。それは、気の説明をしてくれました。そして、実際の体験の映像もありました。それは、とても信じがたいものばかりで、本当なのかと疑ってしまいました。しかし、その答えは実際に自分がやってみてとてもよく分かりました。気が通っていると、さっきまでの自分とはまったく別人のように、力を入れなくても普通できないことができてしまいました。僕は、たいへん驚いてしまいました。僕は、気とはこういうものかというのが、とてもよく分かりました。そして、気の説明もしてくださいました。
  まず、部分体と統一体というものがあって、部分体はいわばロボットのようなものだとおっしゃっていました。そして、統一体は幼児とおっしゃっていました。実際にDVDにも、幼児は大人をたおすことができないというのがありました。それは、大人には余計なものが入っているからです。大人は、現代スポーツや受験などの影響を受けているからだとDVDにありました。それで僕も納得できました。次に、腕立て伏せのような筋トレは意味がないとおっしゃっていました。なぜかなと思いましたが、すぐにやってみてよく分かりました。腕立て伏せをやった後と、宇城式の腕立て伏せをやった後ではまったく強さが違いました。これには、とても驚きました。そして、ジャンプをしても、宇城式のジャンプの方がとても強くなりました。やっぱり、僕の聞いていた通り気とは、とてもすごいものだと改めて思いました。しかし、気を通すのには、心を豊かにしなければならないというのがよく分かりました。例えば、実際に気を体験するときに、おもいっきり力を入れて動かしてやろうなどとやってもまったく意味がないとおっしゃっていました。その結果に、そういうことをしていると別の場所をやられた時に対応できなくなってしまいます。それを見て、そういう横着な考えはいけないんだと、よく分かりました。そのような態度をとっていると、ろくでもない社会人になってしまうと教えてくださいました。よい社会人になるためには宇城先生の話にあったようにポジティブ、ネガティブがあってポジティブは謙虚でネガティブは横着です。その、謙虚な人になるとよいのですが、何ごとも、自分が自分がとしようとせずに、譲り合いの気持ちを持つことがとても大切だと教えてくださいました。そして、何ごとにも理にかなったことをすればよいのです。野球でも打ちたい、打ちたいと思わず理にかなってやったらよいと、教えてくださいました。僕もそうしていきたいと思いました。そして、先を取るというのも、とても大切なことです。そのためには、0.2秒の無意識に入らなければならないということです。僕も先をとれる人になりたいと思います。そして、最後に今の政治の人などはいけないとおっしゃっていました。僕も、同じことを思っていました。だから、宇城先生のような、すばらしい人に僕もなれるようにして、日本を、世界を支えていきたいと強く、今日の話をお聞きして思いました。
(1年生 T.I)       

                                                            [ページのトップへ]