みどり清朋高校 (大阪府)

 

今回の講習を受けて今までちがうものを感じました。
  まずは、先手を取るというのは無意識の世界である0,2秒に入るということでした。あまり実感のない速さなので少し困惑しました。 2つ目は「気」の存在です。今まで知っていた「気」よりもすごいものを感じました。「気」をとおされた体は頭では考えてもさっぱりわからないほどすごいこと成し遂げていました。一対五くらいの腕相撲でも勝てるし、すごい不思議でした。 3つ目は何が正しく、何が間違っているのかと言うことです。普通の腕立て伏せや、普通にジャンプすることも間違っていた。常識というものがどこまで正しいのかわからなくなりました。いつか、何が正しいかわかったとき、その正しいことをすべてのことにいかせたらいいなと思いました。
(2年生 T.T)


去年に続いて今年も宇城先生の講習を聞いてやっぱり不思議だなぁと思いました。講習を聞いて実践してみると不思議と身体が動いたり力が入ったりしてものすごかったです。
  今は部分体ではなく統一体ということが少しでも分かったし、体験できました。この講習を少しでも活かしていきたいと思います。講習をしていただき、ありがとうございました。
(2年生 N.R)


自分はこの講習会を受けて、改めて腕立て伏せなどの筋力トレーニングは意味がないと分かりました。部分体を鍛えるよりも統一体を鍛えた方が良いということを知れました。そして、なぜだと思うことが多々ありました。腕相撲で何人もの相手にも気を使ったら勝てたり女の子がやっても出来たりするのでとても驚きました。そしてこの講習会で統一体の大切さを知りました。
(2年生 N.M)


今回、宇城先生の講習を受けさせてもらい、話を聞いている時は半信半疑な部分もあったけど、実際に他の参加している人達が前に出て指導してもらっているのを見て、宇城先生が言われていることは本当なんだと感じました。 今回の講習会で宇城先生が僕たちに「気」を送って、腕相撲をした時に本当に「気」をおくってもらった時とおくってもらわずにした時では全く違ったので、本当に「気」というのは存在するのだなと実感しました。それと、1+1=2と本当の事を答えるのとわざと間違った答えを言った時に強さが全然違うという事も実際にやってみてとても驚きました。
  今回の講習では、普段学ぶことのできないような事を学ぶことができて、とても良かったです。こらからは、今回のことを活かしていきたいです。
(2年生 H.M)


宇城先生の話を聞いて色々な事を教わりました。部分体と統一体について僕はすごいなと思いました。そして「気」というのは本当に驚きました。初めは少し疑っていたが、話や行動を見ているとどんどん信じるようになりました。特にすごかったのが腕相撲です。大人相手に女の子が勝てるなんてありえないと思いました。筋トレをしてもパワーがつくわけでもないし、野球にいかせるかわからないということを教えてもらいました。とてもいい勉強になりました。また話を聞きたいです。 
(1年生 H.K)


                                                          [ページのトップへ]