泉尾高等学校 (大阪府)

 

今回初めて講習会に参加させて頂きありがとうございました。何の知識もないまま参加し、どのような講習内容になるのか期待と不安がありましたが、講習の最後には目の前で行なわれていること、先生の話されていることに引き込まれる自分がいました。
 私の思ったポイントは4つ、一つ目は意志を持つこと、二つ目は自信を持つこと、三つ目は信じること、四つ目は横着をしないことです。
 組織のリーダーになるには、自分の意志(信念)が必要だと改めて感じ、決断力の遅さが組織の弱体化に繋がってくる。人間の世界は必ず自分がいて相手がいる。自分に自信がないとそれは相手に伝わり、力の大小が変わってくる。今、自分自身が置かれている状況は育てていかなければいけない立場です。今やっていることを信じ伝えていかなければ伝わりません。自分自身が横着せず率先垂範の精神で信じてやる、その気持ちを胸に人生を歩んでいきたいです。
 これからも生徒たちに感性を磨かせ、知恵の出てくる生徒が育ってくればと思います。
(野球部監督)


宇城先生の話を聞いて、今まで教えてもらった事とまったく違う事を言っていたけど、自分的には宇城先生が言っていた事がはじめは信じられなかったけど、実際やってみれば言った通りになってびっくりした。その時はじめてあいさつや気持ちの大切さに気づき、これからの生活に取り入れていこうと思った。確かに、今思えば気合で自分のプレーや行動がうまくいったためしはあまりなかった。
 昨日講習を受けた事で一番心に残っているのは、自分の意志を大切に持つことと、自分に自信を持つ事。自信を持つには自分を信じないといけない。その言葉が自分の中で一番心に響いた。これからもその言葉を思い出してこれからの野球につなげていきます。
(2年 K.S)


昨日、講習会に行き、宇城先生の話を聞かせていただき思ったことがいくつかあります。
まず一つ目は、例えば誰かが「○○好き?」と聞いた時に、好きでもなく嫌いでもないと言う人は、自分の意志がないので絶対に勝負事やここぞという場面で良い結果が生まれないと思いました。
 二つ目は、自分自身の事の信じ方によって結果がかわってくると思いました。すごいと思ったのは1+1=と聞かれ、2と答え腕を上げても相手の人は下におろせないけど、1+1=と聞かれ、3と答え腕を上げると簡単に腕を下げられたので、すごいことを知ったと思いました。
 三つ目は、何をする時でも、適当にするのではなくて、何事も完璧を目指してやりたいと思います。 自分は、走れと言われてから走ったりしていて、野球をなめていたと思いました。これからは、何かをやれと言われる前にパッパッと行動できる人間を目指して頑張ろうと思いました。
 宇城先生に教えていただいたことはとても自分のためになったと思いました。自分のこれからの将来へつなげていきたいと思います。本当にありがとうございました。
(2年 M.K)

 

 [ページのトップへ]