商品詳細|書籍



武術空手への道

沖縄古伝空手を通して発見した身体脳及び身体脳の開発

著者   宇城憲治
定価   本体1,800円+税
ISBN   978-4-900586-73-4
判型/分  A5上製 220頁
発売日   2003年2月1日発売

購入する

沖縄600年の歴史と心が生んだ古伝空手の型に
秘められた身体脳の開発メソッドとは?


――身体は、語る以上に知っている――

身体の持つすばらしい潜在能力は、本書で説く身体脳という考えに基づく開発法によって引き出すことが可能であり、それは武術界における口伝的レベルの術技の修得はもちろん、頭、言葉に頼った現状の教育方式とは異なる、人間としてのトータルな知的レベルアップを可能にするものであると、著者は語ります。

常に「できる」をベースにした著者の裏付けのある武術論は、本物の術技の修得を目指す人へのおおいなる指針となることでしょう。

『武道の原点』から続く、座波仁吉師範との対談第三弾では、武術空手の技と心について存分に語りあっていただきました。

目 次

第一章 武術空手への道
 武術空手とは
  武術空手の稽古のあり方
  武術稽古に重要な統一体としての見方
  武術空手における調和・融合

第二章 武術的身体を創る
 武術的身体に必要な身体脳
  身体脳と身体脳の開発
  覚悟

第三章 呼吸と呼吸力
  武術の根源「呼吸」
  呼吸から呼吸力へ
  自分のゼロ化、相手のゼロ化

第四章 型と分解組手・組手
  型は極意の集積
  型とフィードバック
 型と分解組手による身体脳の開発   (ナイファンチン/パッサイより)
  ナイファンチンの型より
  パッサイの型より

第五章 武術空手の技と心 
    座波仁吉・宇城憲治 座談会見録

著者プロフィール

 ◎ 宇城憲治 (うしろけんじ)

創心館空手道 範士九段
全日本剣道連盟居合道 教士七段
宇城塾総本部道場 創心館館長

1949年宮崎県生まれ。エレクトロニクス分野の技術者としてまた経営者として、ビデオ機器や衛星携帯電話の電源開発をはじめ、多くの技術開発分野で活躍。現在は、武術の究極 「気」によって人々の潜在能力の開発に専念。UK実践塾代表。宇城道塾/空手実践塾主宰

読者の声

座波先生の「自分の日常生活から人に尊敬されるような行動をとっとかんと、攻撃を押さえることができない。社会的に信用があって、社会に評価された人物に、闇討ちなんてない、戦いというものがない。何もしないでも尊敬される」というお言葉は、私の心に響きました。
(岩手 教員 39歳 男性)

『武術空手への道』に、「自分に信じるものがあると強くなれる」とあります。私も自分に信じるものをつくり、自分に勝つという生き方になりたいと思います。
また、「とらわれない心で相手との調和をはかり、融合する」とあり、武術に限らず、人生全般に大事な事だと思いました。
(神奈川 会社員 37歳 男性)

沖縄古伝空手が、パワーではなく、呼吸による力を使っていること、人間の意識へと働きかける気の力を使っていることに、とても驚きました。
武術が、日常的に命のやり取りが行われていない現代においても、それが私たちの生活に生かされるということに、武術の世界の奥の深さを感じました。
(東京 会社員 31歳 男性)

購入する