〈追悼〉 井上強一先生

inoue
去る12月23日、元合気道養神館館長であり、警視庁名誉師範である井上強一先生が永眠されました。享年82歳。

井上先生は1955年、中央大学に在学中に、設立されたばかりの合気道養神館へ入門し、植芝盛平開祖の直弟子であった塩田剛三館長より指導を受け、稽古体系の基礎作りに貢献されました。

1970年からは武術教官として警視庁に入庁、1996年まで婦人警察官、機動隊員に合気道を指導し、定年退職後、第二代養神館本部道場長に就任。その後2002年6月より2007年まで養神館館長を務め、2010年合気道親和館の館長を経て、2014年6月からは合気道日心館を設立し、指導にあたられました。

師である塩田先生が常々「合気道は70歳を過ぎたら本当に楽しくなるぞ」と言われていた通り、70歳を過ぎてますます活躍の場が広がり、弊社主催のイベントや執筆で長く弊社とお付き合いただきました。

ラスベガスで開催した2002年、2003年のAIKI EXPOには、招待師範の一人として指導いただき、また『合気ニュース』創刊30周年記念に開催した「友好演武会」(2004年)では演武をご披露いただきました。

また、本誌の前身『合気ニュース』では、「師の教えを活かす」というテーマで、師に学ぶ意味や心構えを、また季刊『道』になってからは、「基本を守る」というテーマで、武術の基本を日常の基本にまでつなげて、人生のあり方を厳しく説いていただきました。

以下に2007年に行なった単独会見を公開し、井上先生の合気道への想い、修業への想いをお伝えいたします。
井上先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


「自然体が生む 合気即生活」
 井上強一 養神館合気道九段範士
(季刊『道』2007年 153号掲載)
「オンライン記事」より。しばらくの間、無料公開いたします。)


〈訃報〉 スタンレー・プラニン 死去

ウェブマガジン「Aikido journal」編集長で、季刊『道』の前身、『合気ニュース』編集長スタンレー・プラニンが、3月7日、胃癌のため、ラスベガスの自宅で亡くなりました。享年71歳。

まさに、合気道と、開祖・植芝盛平翁の研究、資料の保存に捧げた人生でした。

プラニンは、1977年に日本に移住し、1996年にアメリカに帰国するまで、開祖の直弟子や大東流をはじめとする、開祖が学んだ様々な流儀会派の関係者に取材会見を行ない、その研究を記事にして多くの人に提供し続けてきました。
また日本では開祖の直弟子による友好演武会を4回に渡り開催し、その後、世界の合気道家の祭典、-01Aiki Expoをラスベガスとロサンゼルスにて3回に渡り開催するなど、様々な交流イベントを実践、合気道界に遺したその功績には、計り知れないものがあります。

プラニンの様々な功績、足跡については、後日お知らせいたします。

『大東流合気柔術 秘伝目録 一ヵ条編』をKindle版で出版しました

大東流合気柔術好評のため品切れとなっておりました、
『大東流合気柔術 秘伝目録 一ヵ条編』が
Kindle版に加わりました。

【Kindle版】
大東流合気柔術 秘伝目録 一ヵ条編
1250円

 

武田惣角から武田時宗、そして近藤勝之免許皆伝へと引き継がれた大東流合気柔術。
本書では、その秘伝目録一ヵ条30の技を、詳細な写真と解説で紹介しています。
大東流を学ぶ方々のための格好の入門書です。

巻頭に著者・近藤勝之氏が「謝辞」として掲載された文章には、口伝・秘伝をどこまで公開してよいかなどたいへん迷われた末に、大東流を称する技術書・ビデオが氾濫するIT時代に、正当なる大東流合気柔術の技術を残しておく必要性を感じて出版に踏み切ったとあり、師・武田時宗氏が示された「教え伝える」についての姿勢を綴ってくださっています。

   ◇   ◇

・・・中興の祖武田惣角先生は、同じ技を二度教えなかったと言われております。先師時宗によりますと、先師が惣角先生の教授代理を務めていた当時、門下生に親切に教えたり何回も同じ技を教えると、「このお人好しの馬鹿者」と何回もお叱りを受けたそうです。「同じ技を二度教えると、二回目にはその技の返し技(裏技)を考えてやられてしまう。二回目は違う技を教えなさい」と、小生は先師より何回も注意を受けました。

 先師が元気に活躍されていた頃、網走の本部大会には全国から多数の門下生が集まりました。毎回行なわれる宗家直伝会に小生が出席した折りには先師の命により、先師の宗家直伝会と小生の宗家代理直伝会との二会場に分けて行なったことが数回あります。当然、前日には先師より小生の指導内容について詳細に指導を受けるのですが、小生が先師より習った技は教えてはならないとのことでした。つまり、最初の一本捕でも、大東館で教えている技と小生の習った一本捕は(基本型だけでも何本もありますが)一切教えてはならない、大東館で教えている技だけを指導せよとのことでした。

 先師が申すには、「本当の技を教えて明日辞められたらどうします。大東流の口伝・秘伝が流出してしまう」。また「千人のお弟子さんのうち本物は一人か二人ですよ、その人たちを見極めて本物を教えればよろしい。残りの人には教えることはない」とのことでした。お弟子さんからの質問内容、その人の実力・理解力、熱心さ、人物をよく見極めて先師は指導されておりました。この指導方法は、惣角先生より引き継がれたものです。小生が先師に疑問点をおうかがいすると、「君の実力が理解できる」と申しておりました。

 先師より受けた合気の説明の中に「ツン」「朝顔」があります。この「朝顔」を解くのに数年を要してしまいました。「よく解けた」と先師に褒められた時のことは未だに忘れられません。今では何回も先師の門下生に教えておりますので、天上より「この馬鹿者」とお叱りを受けております。・・・・

 

《目次》

謝辞 近藤勝之
刊行の言葉 スタンレー・プラニン
大東流史概説 スタンレー・プラニン
大東流合気柔術の六要素 近藤勝之

【立合10本】
一本捕/車倒/逆腕捕/腰車/搦投/裏落/帯落/切返/小手返/四方投 表/四方投 裏

【居捕10本】
一本捕/逆腕捕/肘返/車倒/締返/抱締/搦投/小手返/抜手捕/膝締

【後捕5本】
立襟捕/両肩捻/両肘返/抱締捕/肩落

【半座半立5本】
半身投/裏落/居反/肩落/入身投

『武産合気道 別巻 植芝盛平翁技術書「武道」解説編』をKindle版で出版しました

武産合気道 別巻 『武道』好評のため品切れとなっておりました、
『武産合気道 別巻 植芝盛平翁技術書「武道」解説編』が
Kindle版に加わりました。

【Kindle版】
武産合気道 別巻 植芝盛平翁技術書『武道』解説編
1250円

 

本書は、合気道開祖 植芝盛平が出版した唯一の技術書『武道』を
合気道師範 斉藤守弘氏が丹念に解説したものです。

『武道』に掲載されたすべての写真は開祖自身のものであり、解説も開祖監修のものです。
合気道家のみならず合気道史を研究する方にも貴重な資料と言えます。

斉藤守弘氏による「はじめに」を以下に紹介します。

   ◇   ◇

開祖の著書『武道』をプラニン氏に見せられた時の感激を、私はいまだに忘れられません。

「この本こそ私を証明してくれる唯一のものだ。 開祖が私を助けにきてくださったのだ」

と確信しました。夢でなければよいと願いました。

それまでは、私の合気道を「斉藤流だ」などと言っておられた方もいたようです。私は、「それは違う。植芝盛平流だ」と、不本意な気持ちをおさえられませんでした。

何故このような誤解が生じたかといいますと、当時(昭和30年代後半)、開祖はすこぶるお元気だったにもかかわらず、岩間以外では武器技を教えず、体術も基本技は教えずに主に説明演武のような稽古をなさっていたからです。

この『武道』の発見以来、私は何処に行くにもこれを手放したことはありません。

現在、開祖の道場をお預かりしている私にとって、一人でも多くの人々に開祖の技を紹介するのが私に与えられた義務であります。幸い、長年にわたり、開祖から直接ご指導いただいた技とこの『武道』の基本的な部分はほとんど一致しております。

ですから今回、合気ニュース社(現どう出版)から『武道』を技術書にして演武解説するというお話があった時、喜んで賛成致しました。

合気道は植芝盛平開祖が始められた武道です。

「合気道を学ぶ者はまず、開祖の技を 基本として始めるべきである」

とお考えの方々のご参考になれば、大変嬉しいことであります。


  平成11年5月 合気神社にて 
  斉藤守弘          

【新刊】『佐々木説法 なるほど』をKindle版で出版しました

佐々木説法 なるほど季刊『道』(その前身『合気ニュース』にも)に、11年間、実に47回にわたって連載いただいた「佐々木説法 なるほど」をこのたび電子書籍Kindle版として発行いたしました。

【Kindle版】
佐々木説法 なるほど
1250円

 

著者の佐々木の将人氏は、合気道開祖 植芝盛平、そして中村天風に師事した合気道師範であり、また山蔭神道の神官でもあります。

武道と人間の修行に打ち込み、2013年に他界されるまで、日本文化と人の道を説く「佐々木説法」で全国を奔走されました。


「合氣道は道であり、道は光がなければ見えない。
 道を歩くには、物があったら歩きにくい。

 その物を片付けて歩きやすくするのは、
 口と手と足であるから手段という。

 口と手足が戦術で、
 あの手、この手の技、術がある。」


「幸福を求めても永遠に幸福は来ない。

 それは明日は永遠に来ないと同じで
 寝て起きると今日であるように

 今が幸福、今が幸せと
 心に言い聞かせると幸福になる。」


終戦直後に野師として身につけた口上が活きた佐々木説法は、軽快な節回しでついつい「なるほど」とうなずかせます。

日本を愛し、日本人の原点に帰れというメッセージがユーモアとともに身体に染み渡ります。


《目 次》
1.神なる大自然の徳にならう
2.戦略と戦術
3.この大自然は中心の安定にある
4.人生の目的は品性にあり
5.法則
6.健と建
7.温故知新
8.パリの神道
9.使命
10.道場
11.ナビゲーター
12.元号
13.一言時に一生を救う
14.三大不幸
15.招待旅行
16.ザ・親父
17.一体全体
18.ノアの方舟
19.今を生きる
20.生きた本
21.物差しと志差し
22.山岡鉄舟 剣禅一致の講談
23.人生良いも悪いもどんとこい 運命を拓く鍵は心なり ― 1
24.人生良いも悪いもどんとこい 運命を拓く鍵は心なり ― 2
25.人生良いも悪いもどんとこい 運命を拓く鍵は心なり ― 3
26.現実只今
27.本心良心
28.成りきる
29.月ナビ
30.政治と政治家
31.中国を通観す
32.道の国 日本
33.皇道
34.神武一道
35.屋根裏より宇宙を覗く
36.ダライ・ラマ法王・十四世
37.分数道
38.一言、時に一生を救う
39.八十歳が残すメッセージ
40.八十年の流れ ―― 大道商人から大道説法へ
41.呼吸法と松竹梅
42.試合・死合・仕合
43.八咫の鏡と日本武道館
44.白と黒
45.菊のご紋は語る
46.論語から中朝事実
47.死生観

〈訃報〉 王貞治を育てた野球コーチの合気道家 荒川博氏死去

12月4日、荒川博氏が逝去されました。86歳でした。
野球コーチとしてホームラン王・王貞治を生み出した氏はまた合気道開祖・植芝盛平の指導を直接受けた合気道家でもありました。

氏の功績をしのびつつ、『合気ニュース』142号に掲載したインタビューを紹介します。


arakawa<インタビュー>
荒川博 日本ティーボール協会副会長/合気道六段
「野球に活かす合気道
   ―― 一本足打法の生みの親 荒川博氏に聞く」


ホームラン王・王貞治のコーチとして有名な荒川博氏は、合気道六段。
植芝翁の直接指導も受けた、四十年以上の修業歴の本格的な合気道家である。
氏はまた羽賀準一師範に居合道も学び、それら武道のエッセンスを野球の指導に活かしたことでも有名だ。
荒川氏に植芝翁のこと、羽賀師範のこと、スポーツと武道のことなどを語っていただいた。
(※所属や肩書きは、掲載当時のものです。)

○ 当て身で歯が全部折れちゃったよ

―― 先生が合気道に入門されたのは1956年ということですが、当時の本部道場の様子はどうでしたか。

 当時は内弟子が多かった。白帯が少なくて黒帯のほうが多かったんだよ。全部内弟子だから。フランスに行った田村信喜もいたし金井満成も、当時イギリスに行った千葉和雄、ニューヨークに行った山田嘉光や小金井の小林保雄、ヨーロッパの野呂とか。当時みんな若手で、オレよりうんと年下だった。三軒茶屋の清水健二もそのあと入ってきたよ。
 昔は、技に全部当て身が入ってね、それがよけきれなくて何回もモロに当たってバリバリ歯が折れちゃった。35~36歳のコーチ時代には、上の歯が全部なくなっちゃったよ。

―― 過激な稽古をしていたんですね! 当時とは技も変わってますか?

 この間も稽古を見に行ったんだけど、やっぱりずいぶん違ってるよね。でも小学生の部の稽古を見たら、ものすごくいいんだな。これにはビックリした。オレたちはあんな基本を習ったことなかった。
 僕が野球を教えている小学四年生の子を、この間合気道の道場へ連れて行ったんだよ。もうはまっちゃって、習ってますよ。「オレは黒帯までやる」って。
 野球で一番の欠点は何かというと、自分の体を自由自在に動かせないことなんだ。その子の場合は頭が重くて鉄棒もうまくできない。だから転んだって何したってケガをしない体を作ってやりたいわけ。バッティングがうまくても、自分の身体を自由自在に動かせないようでは駄目なんだ。
 もうひとつは、礼儀作法を習わせたい。一手習うたびに「おねがいします」「ありがとうございました」と習う素直さが大切なんだ。
 王が成功したのは、習う素直さなんだ。常に「はい」「はい」と素直に受け入れる。ヘタな奴は「そんなことくらいは知ってる」みたいに思ってる。自分が気に入らないと疑問を持ったり、わざわざ遠回りする。だからいい先生につけと言うんです。・・・・


この続きは〈 noteで読む 『季刊 合気ニュース』 〉でお読みいただけます。
以下でログインまたは会員登録をしてください。
[note 荒川 博 日本ティーボール協会副会長 合気道六段]

本サービスについては、こちらのページをご覧ください。
〈 noteで読む 『季刊 合気ニュース』 〉

『許す武道 合気道』をKindle版で出版しました

ご好評につき、完売から長く品切れとなっておりました西尾昭二著 『許す武道 合気道』 を、このたびアマゾンの電子書籍「キンドル版」として出版いたしました。

Kindle端末のほか、パソコン、タブレット、スマートフォンで購入・閲覧ができます。
下記のリンクからご覧くださいませ。


hyoshi
【Kindle版】
『許す武道 合気道  入身一足の理合』
西尾昭二著
1,250円











『新装版 武産合気道』 第1巻・第2巻をKindle版で出版しました

ご好評につき、完売から長く品切れとなっておりました斉藤守弘著 『新装版 武産合気道』 第1巻・第2巻を、このたびアマゾンの電子書籍「キンドル版」として出版いたしました。

Kindle端末のほか、パソコン、タブレット、スマートフォンで購入・閲覧ができます。
下記のリンクからご覧くださいませ。

hyoshi
【Kindle版】
新装版 武産合気道 第1巻: 基本技術編
1,250円











キンドル版表紙第2巻
【Kindle版】
新装版 武産合気道 第2巻: 呼吸投げ・武器取り・二人取り編
1,250円













『新装版 武産合気道』 刊行にあたって

合気道史家・合気道ジャーナル編集長 スタンレー・プラニン


 合気道は、いまや世界主要国の文化の一つに組み込まれ、当然ながらさまざまな合気道解釈がなされています。合気道の起源に関する知識がないと、開祖植芝盛平が創始し、広めた本来の合気道を正しく見分けることはむずかしいと言えるかもしれません。
 開祖は戦後、茨城県岩間町で完成した武道を「武産合気道」と命名しました。この岩間の地で開祖に23年間つかえ、薫陶を受けられた斉藤守弘師範こそ、「武産合気道」を全世界に伝えるにふさわしい方であると私は思います。
 開祖が伝授された技の数々は日本の文化遺産といっても過言ではなく、この武道を開祖の理念に沿いながら広め、忠実に護っていく任にあたられた斉藤師範は、開祖の存命中は言うに及ばず、開祖亡き後も植芝家に献身的につくされ、また、いまや世界中の合気道家のメッカとなった茨城県岩間の合気神社を長年守護されてきました。

 本書『新装版 武産合気道』は、斉藤守弘師範の生前に編纂された『武産合気道 全五巻』を二分冊にまとめたものです。
 第一巻の基本技術編で、岩間スタイル合気道の基本技のうち相当数の技が収められています。合気道で最も重要な基本技である一教から四教までと、開祖植芝盛平の合気道の真髄である、四方投げ、小手返し、入り身投げ、さらに回転投げ、腰投げ、天地投げ、十字投げなどをとりあげ、これらの数多くの技と、その変化技を詳しく掲載しました。
 一教から四教については、これほどの技数と詳しい解説を提供したものは、本書が初めてだと思います。二教や三教については、いまはほとんど見られなくなった変化技も紹介しています。これらの技には、開祖植芝盛平翁が第二次世界大戦後、岩間での厳しい修行・練磨の結果修得された合気道が色濃く反映されています。

 現在までに相当数の合気道技術書が出版されていますので、この「武産合気道」技術書刊行に際しては、一つひとつを丁寧に、体術から武器技までの合気道技をできるだけ詳しく紹介できるよう心掛けました。具体的には、詳細な写真に加え、それぞれに段階を追った詳しい解説をつけたものとなっています。さらに、昭和13年に出版された開祖の技術書『武道』や昭和10年に野間道場で収録された開祖の演武写真を随所に加え、解説する技の重要ポイントを強調しています。

 なお、斉藤師範による技解説には、開祖の口伝が多く盛り込まれており、本書においては、この口伝および開祖の技術書『武道』からの引用箇所は、太字にして強調しています。

 以上、本書作成には完全を期すように努力いたしました。本書が合気道稽古生および指導者の方々にとり複雑かつ広大な合気道技を理解する一助となり、開祖植芝盛平の非凡さの再認識につながれば幸いです。
 この本で紹介されている多くの技を順序立てて演武してくださった、斉藤仁弘師範(岩間神信合氣修練会)に感謝を申し上げます。また、受けとしてご協力をいただいた、斉藤先生の熱心な弟子の方々にも御礼申し上げます。

2010年1月 ラスベガスにて
  (本書より)

《出店します》 5月28日(土)第54回全日本合気道演武大会

5月28日(土)に開催されます「第54回 全日本合気道演武大会」にて、販売ブースを設けます。
場所は1階南側です。

植芝盛平翁のDVDや書籍『植芝盛平と合気道』など、資料性の高い商品を当日限りの特価にて提供いたします。

DVDは20%引き
書籍は15%引き

お買い上げのお客様に、もれなくプレゼントもご用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください!

商品の一部をご紹介します。

● DVD『植芝盛平と合気道』全6巻セット
  38,880円 ⇒ 30,000円

● DVD『植芝盛平と合気道』全6巻
  1本 6,480円 ⇒ 5,000円
● DVD『合気道クラシックス』
  6,480円 ⇒ 5,000円

● 書籍『植芝盛平と合気道』全2巻   1冊 2,484円 ⇒ 2,000円
● 書籍『伝承のともしび』五月女貢著   1,944円 ⇒ 1,600円


★ご購入いただいた方にもれなく
「合気道開祖 植芝盛平語録(二)」をプレゼント!

★DVD3本以上をお買い上げの方に
 「オリジナル 開祖直弟子一覧ポスター」 または
 「植芝盛平ポスター」 、どちらかひとつをプレゼント!


『決定版 植芝盛平と合気道 第2巻』が電子書籍版(Kindle)になりました!

植芝盛平と合気道 第2巻『決定版 植芝盛平と合気道 第1巻』に続き、『決定版 植芝盛平と合気道 第2巻』が電子書籍版(Kindle)になりました。

この会見集は、合気道開祖・植芝盛平開祖に直接学んだ直弟子たちの証言集です。
合気道を学ぶ方々にとって原点である開祖植芝盛平がどのように考え、どのような思いを合気道に込められたかを知る、貴重な資料でもあります。

当事の開祖の人となり、時代背景が感じ取れるように、愛弟子方の生の声をできるだけそのままの形で伝えています。
開祖を神格化したり、美化したりするのが本書の目的ではないからです。

本書を通じて、

植芝盛平が何を考え、何を求めて努力していったのか。
そして弟子たちに何を残し伝えようとしたのか。

本書から多くのことを読み取っていただけると思います。

〈第2巻 掲載者〉
 ・奥村繁信   (合気会師範)
 ・藤平光一   (氣の研究会宗主)
 ・平井稔     (日本光輪会光輪洞洞主 範士)
 ・砂泊かん秀  (合氣万生道道長)
 ・大澤喜三郎  (合気会師範)
 ・斉藤守弘   (合気会茨城道場長)
 ・有川定輝   (合気会師範)
 ・多田宏     (合気会師範)
 ・西尾昭二   (合気会師範)
 ・阿部醒石   (天之武産塾合気道道場長)
 ・田村信喜   (合気会師範)
 ・小林保雄   (合気道小林道場道場長)
 ・アンドレ・ノケ (最初の外国人内弟子)
 ・清水健二   (合気道天道館管長)

[『決定版 植芝盛平と合気道 第2巻』 【書籍版】内容詳細へ]

[『決定版 植芝盛平と合気道 第2巻』 【Kindle版】内容詳細へ]

 

〈第1巻 掲載者〉
 ・植芝吉祥丸(合気道二代道主)
 ・井上鑑昭(親英体道道主)
 ・富木謙治(日本合気道協会創設者)
 ・鎌田久雄(戦前の内弟子)
 ・岩田一空斎(合気会九段)
 ・望月稔(養正館武道創始者)
 ・米川成美(戦前の内弟子)
 ・白田林二郎(合気会九段)
 ・国越孝子(戦前の直弟子)
 ・中倉清(剣道範士)
 ・塩田剛三(養神館合気道初代宗家)
 ・杉野嘉男(唯心館杉野道場長)
 ・赤沢善三郎(戦前の内弟子)
 ・田中万川(大阪合気会初代会長)
 ・天竜(和久田三郎/元関脇)
 ・葦原萬象(大本教綾部元参事)


[『決定版 植芝盛平と合気道 第1巻』 【書籍版】内容詳細へ]

[『決定版 植芝盛平と合気道 第1巻』 【Kindle版】内容詳細へ]