25 1月

季刊『道』 195号 入荷しました

『道』195号

季刊『道』 195号 入荷しました

テーマ「信じる道をゆく」

●宇城憲治巻頭対談

刀匠 松田次泰
「日本刀の美と品格  ― 鎌倉刀再現への挑戦 ―」

●ロングインタビュー

写真家 ジャーナリスト 桃井和馬
「体験こそが生き抜く力  未来をあきらめない」

小学校教師 香葉村真由美
「大好きな子どもたちの声を届けたい
先生はあなたの愛の力を伝えるよ」

●連載

・ミツバチが教えてくれること
「生き方のデザインを変えていく 『歩く』ことで見えること」
一般社団法人ハニーファーム代表 船橋康貴

・対談 何があっても大丈夫 人間の可能性を見つめて
「一人ひとりが守られ愛されている」
金澤泰子・山元加津子

・今日一日を生きる
「求めに応じてこそ、自分の成長がある ―― 鹿島ダルク開設」
茨城ダルク代表 岩井喜代仁

・私たちは銀河のなかに生きている
「森吉山の物語(秋田県)」
銀河浴写真家 佐々木隆

・ありのままの私たち
「インドで考えた“幸せとは何か”ということ」
作家 山元加津子

・地球を歩く ~ 知られざる絶景を求めて~
「ヨーロッパ探訪」
写真家 野村哲也

・気づく、気づかせる
「人間の強さ『調和力』― 『気』によって実証 ―」
UK実践塾代表 宇城憲治

○195号の詳細はこちらです。>>>>[季刊『道』 195号]

○定期購読のお申し込みはこちらです。>>>>>[季刊『道』 定期購読]